バスの周囲には運転士から見えない死角がたくさんある!! 降車直後の危険を回避しよう


 公道では様々な車両が走行している。乗用車や二輪車、さらにはトラックやバスといった大型車両はもちろん、自転車等の軽車両までが利用している。そして、歩行者はすぐ近くの歩道を利用している。

 バスなどの大型車両から見て、最も気を遣うのが歩行者だ。大型車は死角が多く、周囲が見えにくいためだ。さらに自動車と比べると、歩行者の動きは予測がつきにくいこともある。

 そこでバスの運転士に、公道で特に気になる歩行者の行動について聞いてみた。

文/写真:古川智規(バスマガジン編集部)
(写真はすべてイメージです)

【画像ギャラリー】バスドライバー目線より/歩行者の皆さまにお願い(4枚)画像ギャラリー

赤信号ダッシュはやめて!

 横断歩道での赤信号ダッシュは絶対にやめていただきたいことのひとつです。バスの運転士は、右左折時に飛び出されると心臓が止まりそうになります。バスは動きがゆっくりですが、総重量が重く止まりにくいのです。

 そして点滅信号での横断は道路交通法違反でもあります。大型車両は内輪差が大きく、後輪は歩行者の方が思っているよりも内側を通ります。急に飛び出しますと巻き込まれる危険性もあります。

 すでに渡り始めているときに信号が点滅を開始したのであれば、そのまま渡り終えるまで待ちますので問題ありませんが、点滅し始めてから走り出すのは死角に入る危険性もあります。ドライバーもできる限り注意していますが、これはやらないでいただきたいです。

ガードレールとバスの間は危険がいっぱい!

 バスの降車後にガードレールとバスの間を歩くのも危険です。バスは発車時にバス停に寄せた車体を車線へと戻すハンドル操作をします。この際、バスの後部は歩道側に大きく振られてしまいます。

 これは後輪より後ろが長いためで、大型車両特有の動きです。この近くにいると接触する危険性があります。バス停から動き出すバスをみたら、ぜひお尻の動きを見ていただきたいです。

発車直後のバスのお尻は歩道側に振られる動きになる

 また交差点の赤信号で停車中のバスに手を振って「発車しないで!」と叫ぶ方がいらっしゃいますが、運転士はこれに気付いても止まることができません。路線バスはダイヤに沿って運行されていますので、ドアを閉じてバスが動き始めたら、原則として止まったりバス停に戻ることはできないのです。

 運転士の好意で一度閉じたドアを開けることはありますが、停留所でしか乗降はできません。すでに発車したバスが、直後の信号で停車していても、そこで乗降はできないのです。これは電車が一度ホームを離れたら、絶対にドアを開けることがないのと同じです。

発車間際のバスのドアはたたかないで!

 すでにドアが閉まっているのにドアをたたいて「開けて!」と叫ぶのも危険です。運転士はドアを閉めてから発車するまでに多くの運転操作をしています。

 お客さんが着席をしているかどうかの確認、立席のお客さんは手すりを持っているかの確認、不安定な状況のお客さんはいないかの確認をして、続いて発車にともなう車外の安全を確認をします。

連節バスになると確認項目はさらに多岐にわたる

 そして右車線を確認してウインカーを出して、ここで初めてブレーキペダルからアクセルペダルに足をかけて発進操作を始めます。乗降が多い停留所ではパーキングブレーキを使用しているので、これらの解除操作も加わります。発車直後には自動放送の操作や発車後の安全確認なども続きます。

 発車直後にドアをたたくことはとても危険ですし、バスの発車が大きく遅れることになってしまうのです。

次ページは : 降車後は周囲を確認して速やかにバスから離れましょう!

最新号

ベストカー最新号

新型セレナ、GT-Rなど! 正常進化する注目車、大々的スクープ!! ベストカー10月26日号

正常進化する注目車、大々的なスクープ特集を目玉に、ベストカー10月26日号は濃い内容となっています。そのスクープは新型セレナをはじめとする日産の5モデルの情報。すでに注目されているホンダZR-Vやスバルクロストレックの新車情報も濃いです! さらに「車格のわりに安いクルマ」特集も読みごたえアリです。

カタログ