もう出ないのか!? そろそろ最終決着を!! どうなるんだ、日産次期シルビア

 クルマ好きならずーっと気になっているのが「次期シルビア」情報。出るのか、出ないのか、ベストカーはどっちなのかハッキリしてくれという意見も多い。

 ベストカースクープ班も10年以上に亘り次期シルビアについて情報を追っていたが、ついに結論が出そうである。

 最新の情報とともに「S16シルビア」の今後と、過去になにがあったのかお話ししましょう。

文:ベストカーWeb編集部/写真:ベストカー


■2008年頃までは開発が行われていたのは事実

 手ごろなサイズ、そして価格でFRの楽しさを多くのクルマ好きに伝えてきた日産シルビア。7代目にあたるS15型が生産を終了したのが2002年。

 当時の日産は1999年からカルロス・ゴーン体制になり、2003年に負債を完済する途上。コストカッターと言われていたゴーン氏により多くの車種が開発中止になるというのが一般的な見方だった。

2008年にベストカーがスクープした次期シルビアの予想CG。V36スカイラインクーペのようなライトなど、当時の日産のトレンドに則ったデザイン。設計図面なども確認していたのだが……

 しかもスポーツカーは採算性が悪く、コストカットの筆頭候補だったのは想像に易い。だがご存知のように日産にはフェアレディZもGT-Rも健在で、スポーツモデルすべての開発が終了したわけではない。

 次期シルビアに関してもベストカーでは関係者からの詳細な証言などを手に入れており、実際に開発が行われていたのは間違いない。

 それを裏付けるように日産は多くのスポーツモデルのコンセプトを発表した。2005年の東京モーターショーでは「フォーリア」。同年のデトロイトでは「アズィール」と2ドアクーぺのコンセプトを立て続けに公開したのだ。

2005年の東京ショーに登場したフォーリア。2ドアでNAエンジンなど次期シルビア像にピッタリの想定だった

 さらに2006年にはデトロイトで「アージ」を出展。このころになると市販化に向けて次期シルビアは具体的な開発が進んでいた。

 2008年頃にはベストカースクープ班は次期シルビアとされる図面を確認しており、この計画が机上の空論ではなかったことを確認している。

2005年デトロイトショーに登場したアズィール。後に登場するセントラのデザインに採用された

 しかし2010年になり大きな転換点を迎える。リーマンショックの影響を受けてFR、NA 2Lで開発が進んでいた次期シルビアの開発プロジェクトは頓挫してしまったのだ。

 ベストカースクープ班は当時について「昨日までは開発続行と聞いていたのに、夜が明ければ開発中止の情報が入ってくるような状況」だったと言う。

 結果として日産はより大きなスカイラインクーペやフェアレディなどに資源を集中し、日産のFRスポーツは大型化していく。

■2013年のIDxはシルビアではなかったのか!?

 ここまでなら「次期シルビアはなくなった」で終わるのだが、日産は2013年の東京モーターショーにIDxなるコンセプトカーを出展してまたハナシが複雑になる。

 かつてのブルーバードやハコスカなどの日産のスポーツアイデンティティを盛り込み、コンパクトなクーペスタイルのボディはあれこれと想像を掻き立てた。

IDxの前でスピーチするゴーン氏。新しい日産のFRコンパクトスポーツが誕生するかと会場もメディアも湧いた

 フロントデザインが初代シルビアに似ていたこともあり「これは次期シルビアか!?」と書くメディアも多かった。

 しかし間もなくしてクルマ好きの間に広がったこの歓喜の渦が、一瞬にしてシュンとしてしまう事態が発生する。

初代シルビアのフロントマスクはIDxと似ており、ここからも多くの日産ファンから次期シルビアなのかと憶測を呼んだ

 日産専務執行役員チーフ・クリエイティブ・デザイナーの中村史郎氏(当時)が、とあるメディアにこう語ったのだ。

「現在、ミドルサイズ以下のFRプラットフォームは開発されておらず、IDxのようなモデルを市販する計画はない」。

 この発言は熱していた次期シルビア待望論を鎮めるのには充分であり、いよいよシルビアは消滅したかに思われた。

■気になる現状、そしてe-POWERでの復活の可能性

 IDxを実現するような小型のFRプラットフォームは横展開がし難い。コストを考えればIDxを市販化するのが難しいというのは合点がいく。

 だがここにきて少しの望みを持たせる情報が入ってきている。それがe-POWERの活用だ。ノートやセレナに使用されるe-POWERだが、実はこのパワーユニットは無限の可能性を秘めている。

 e-POWERを使えばFFプラットフォームでもFRが成立するというのだ。それが横置き発電用エンジンと制御システムをフロントに設置し、後席下にモーターを配置するというもの。

e-POWERを採用したスポーツモデルの予想CG。シルビアサイズのFRプラットフォームの開発はコスト的に厳しいが、FFプラットフォームを採用してe-POWERで後輪駆動を採用できる可能性はある

 フロントのエンジンは発電用であり、駆動はリアにあるモーター駆動になる。まさに次世代のFRといえる構成だ。

 とはいえモーター自体に200ps/35kgmクラスのパワーも必要になる。これはノートe-POWERの95ps/25.9kgmのモーターと比較するとかなりのハイスペック。

 発電用エンジンの性能アップも必須で、ノートe-POWERの1.2L直3では足らず、アトキンソンサイクルの2L直4が必要になりそうだ。

 ガソリン3L~3.5Lクラスの動力性能、そしてe-POWERならではの燃費もいいFRスポーツカーのパッケージングが成立するという。

  ただこのe-POWERスポーツはまだ可能性の段階。結論を言えば現時点ではシルビアが復活する可能性は極めて低いことに違いない。

 ましてや多くのファンが望む2LターボのコンパクトFRは現時点では一切の情報がなく、実現したとしても2~3年という近い将来ではないだろう。

 新たな「シルビア級」スポーツカーの登場、それを待っているファンが大勢いることは間違いないのだが。

最新号

ベストカー最新号

さらばゴーン! どこへ行く? 日産 大特集|ベストカー 1月10日号

 いよいよ2018年は師走も中盤。12月10日に発売の「ベストカー」は、2019年1月10日号となる。そんな最新号では、来年登場が期待されるスモールカーの革命児、4台のスクープはもちろん、自動車業界内外で大きな話題となっている日産を大特集!…

カタログ