がんばれ日産! 今こそ「あのすごい海外専売車」の日本導入を!!!!


 2018年上半期、ルノー日産三菱アライアンスはVWやトヨタを抑えて世界販売台数で首位に立った。そこから2018年11月19日夕刻、カルロス・ゴーン氏の逮捕劇。

 当然のことながら、世界中のメディアもこぞって報道を重ねている。NYタイムズ紙は「驚くべき転落」と表現した。

 事件の詳細については検察当局が今後明らかにしてゆくだろうし、当サイトでも順次それを報じることになるだろう。カルロス・ゴーン氏が指揮をとった、この20年間の日産自動車の功罪にも触れることになる。

 しかしその前に、自動車専門メディアとして伝えたいことがある。それは「日産には、今こそ奮起してほしい」ということだ。1999年、約2兆5000億円の有利子負債を抱えて経営危機に陥っていた状況から19年、日産自動車はあの頃以来の危機に立たされている。そんな今だからこそ、日産にはぜひとも(「負の遺産」を精算しつつ)前向きに頑張ってもらいたい。

 日産の、日産しかできないクルマづくりを、まずは日本のユーザー、ファンに届けてほしい。

 そうはいっても、いきなり新型車を開発・発売するのは不可能だろう。けれども海外専売車種を日本で発売することはできるはず。そこで本企画では、海外で販売、あるいは発売計画を進めているものの、日本未発売、あるいは発売予定のない車種を紹介したい。

 日産は、日本国内ではここ数年新型車の発売が滞っており、ノートとセレナのe-POWERに頼りきっている状況が続いている。しかし海外に目を向ければ、これほど魅力的なモデル、コンセプトカーがそろっている。

 大変な状況にある今こそ、こうしたモデルをお膝元である日本市場に積極的に投入して、本来の領分、足元をしっかりと固めてほしい、という願いを込めて、本企画をお送りします。

※本稿は2018年10月のものに適宜修正を加えたものです。
文・写真:ベストカー編集部
初出:『ベストカー』 2018年11月26日号


Infiniti PROJECT BLACK S

パリモーターショーに出展。F1譲りのテクノロジーを搭載した究極のスカイライン

 2017年のジュネーブショーに出展されたモデルをアップデート。日本未発売のスカイラインクーペのボディに、日本未導入の3L、V6ツインターボを搭載。ルノーF1チームと開発したハイブリッドシステムも装備し、571psの出力を発生するという。

高い動力性能を持つがインフィニティブランドゆえ車内の質感は高い。ミッションは7速AT
0-100km/h加速は4秒未満。エアロダイナミクスもルノースポールF1チームの技術が投入される

INFINITI Q インスピレーション コンセプト

次期スカイラインの方向性を示唆する4ドアセダン

 今年のデトロイトで発表されたコンセプトモデル。ショーモデルは可変圧縮比ターボを積んでいたが、市販型はEVともハイブリッドともいわれる。次期スカイラインの方向性を示唆する。

次ページは : NISSAN Xmotion(クロスモーション)