そういやなんで? ムーヴより先にムーヴキャンバスの新型が登場したウラ事情


 庶民の味方、軽自動車業界の動きが活発になってきた。本企画では、そんな軽自動車業界の最近のニュースを、大きいものからマニアックなものまで7日に渡って取り上げる。第1弾はムーヴキャンバスがムーヴより先にフルモデルチェンジした理由を渡辺陽一郎が解説。そこには深いワケがあった!!? 登場時期、価格についても言及!

※本稿は2022年7月のものです
文/渡辺陽一郎、予想CG/ベストカー編集部、写真/DAIHATSU、ベストカー編集部
初出:『ベストカー』2022年8月26日号

【画像ギャラリー】「ムーブキャンバス5つの顔」をギャラリーでチェック! オプションでさらなるテイストもプラス!(18枚)画像ギャラリー

■ムーヴより先にムーヴキャンバスがモデルチェンジ!

 2016年9月に登場したムーヴキャンバスは、2022年7月にフルモデルチェンジを行った。

 2014年12月に登場したムーヴはムーヴキャンバスに先を越された。その理由は、次期ムーヴには、ロッキー&ライズと同様の「eスマートハイブリッド」が搭載されるからだ。その開発に時間を要している。

 このハイブリッドでは、エンジンは発電を行い、モーターが駆動を担当する。WLTCモード燃費は30km/L前後と良好。

 次期ムーヴの価格は、ノーマルエンジンを搭載するベーシックグレードが約140万円、ハイブリッド仕様は20万円高い160万円前後になる。登場時期は2022年の末から2023年の初頭だ。

 ムーヴの販売総数の内、60~70%をムーヴキャンバスが占める。ムーヴキャンバスを先にフルモデルチェンジしたほうが、ダイハツ全体の売れゆきを増やしやすい事情もあった。

ムーヴより販売台数が多いキャンパスのフルモデルチェンジが優先された
次期ムーヴの予想CG。渡辺氏によれば、登場時期は2022年の末から2023年の初頭、価格はノーマルエンジンを搭載するベーシックグレードが約140万円、ハイブリッド仕様は20万円高い160万円前後になるという。楽しみだ!
2022年1~6月軽乗用車販売台数(左)と2022年6月軽乗用車販売台数
【画像ギャラリー】「ムーブキャンバス5つの顔」をギャラリーでチェック! オプションでさらなるテイストもプラス!(18枚)画像ギャラリー

最新号

ベストカー最新号

新型セレナ、GT-Rなど! 正常進化する注目車、大々的スクープ!! ベストカー10月26日号

正常進化する注目車、大々的なスクープ特集を目玉に、ベストカー10月26日号は濃い内容となっています。そのスクープは新型セレナをはじめとする日産の5モデルの情報。すでに注目されているホンダZR-Vやスバルクロストレックの新車情報も濃いです! さらに「車格のわりに安いクルマ」特集も読みごたえアリです。

カタログ