軽商用車No.1! ダイハツ販売台数の縁の下の力持ち ハイゼットカーゴはなぜここまで売れるのか?

軽商用車No.1! ダイハツ販売台数の縁の下の力持ち ハイゼットカーゴはなぜここまで売れるのか?

 庶民の味方、軽自動車業界の動きが活発になってきた。本企画では、自動車業界の最近のニュースを、大きいものからマニアックなものまで、7日に渡って取り上げる。第6弾はダイハツの商用車ハイゼットカーゴについて。

 6月の軽商用車販売台数1位、乗用と商用を合わせた順位でも4位に入っているハイゼットカーゴ。翻れば、昨年の軽自動車届出数でダイハツが1位となったのも商用車の存在あってこそだ。ハイゼットカーゴ好調の理由はどこにあるのか。自動車評論家 渡辺陽一郎氏が解説する。

※本稿は2022年7月のものです
文/渡辺陽一郎、写真/DAIHATSU
初出:『ベストカー』2022年8月26日号

【画像ギャラリー】豊富なバリエーションと使う人の目線に立った装備のオンパレード! ハイゼットカーゴをギャラリーでチェック!(71枚)画像ギャラリー

■軽商用はハイゼットカーゴが販売好調。人気の理由は?

 今年6月の軽乗用車販売台数ランキングのトップはホンダN-BOXだが、軽商用車の1位は7207台でハイゼットカーゴ。

 乗用と商用を合わせた順位でも4位に入る好調ぶりだが、ハイゼットカーゴが売れている理由はどこにある?

2022年6月軽乗用車販売台数 ※ハイゼットカーゴとハイゼットトラックは商用車

*   *   *

 ダイハツは2021年に軽自動車を約53万台届け出して販売1位になった。

 しかし軽乗用車の届出数ではスズキが約40万台、ダイハツは約38万台で負けている。

 ダイハツの1位は、軽商用車が支えているわけだ。

 しかもハイゼットカーゴ(アトレーを含む)は、2021年12月に現行型へ一新した。今は乗り換え需要も豊富で好調に販売され、軽自動車の4位に入った。

 プラットフォームの刷新、CVTの採用で走行性能と燃費を向上させ、安全装備も進化している。

 アトレーも商用車規格になり、顧客の希望に応じた結果、人気を集めている。

昨年(2021年)12月、17年ぶりにフルモデルチェンジした軽商用バンのハイゼットカーゴ。ハイゼットトラック含め販売は好調だ
【画像ギャラリー】豊富なバリエーションと使う人の目線に立った装備のオンパレード! ハイゼットカーゴをギャラリーでチェック!(71枚)画像ギャラリー

最新号

ベストカー最新号

新型セレナ、GT-Rなど! 正常進化する注目車、大々的スクープ!! ベストカー10月26日号

正常進化する注目車、大々的なスクープ特集を目玉に、ベストカー10月26日号は濃い内容となっています。そのスクープは新型セレナをはじめとする日産の5モデルの情報。すでに注目されているホンダZR-Vやスバルクロストレックの新車情報も濃いです! さらに「車格のわりに安いクルマ」特集も読みごたえアリです。

カタログ