マジか!! 本家アルファードを超えた!? 中国でアルファードライバル車が続々と登場する理由

 現行アルファードの人気は凄まじい。特に2021~2022年は新車販売ランキングでも8000台を超える月もあり、アルファードブームに沸いている。

 2022年6月末には、納期が2022年4月以降になる見込みとなり、新型に切り替わる2023年5月を超えてしまう可能性があるため、なんと異例の受注停止となってしまった。

 アルファード人気が衰えることを知らない日本以外でも、アルファード人気が凄いらしい。そうお隣、中国だ。中国では本家アルファードの人気も凄いが、なんと打倒アルファードに燃える、中国製メーカーのアルファードライバル車が続々と登場しているという。

 はたして、アルファードを超えたのか? 注目のアルファードライバル車3台を紹介していこう。

文/中国車研究家・加藤ヒロト
写真/加藤ヒロト

【画像ギャラリー】打倒アルファードに燃える中国版アルファードの凄い中身を写真でチェック!(11枚)画像ギャラリー

■なんとアルファードの中国での価格は関税込みで1700万円超

異常な人気の現行30系アルファード。新車が買えない今、中古車情報サイトでの登録済み新古車は800万円を超えるクルマもある

 トヨタのミニバン「アルファード」は2002年に国内で登場以来、大家族のレジャーや大企業トップやVIP送迎など、多種多様な場面で極上の乗り味をユーザーに提供してきた。

 2008年登場の2代目からはトヨタのディーラーチャンネル「ネッツ店」専用で展開していた「アルファードV」の後継として、姉妹車「ヴェルファイア」も投入。アルファードとはまた一味違う「ギラギラ顔」はマイルドヤンキーを中心に人気を博した。

 2002年夏には現行モデルの納期が2023年4月以降となり、新型アルファードの発売時期に影響する状況となったため、2022年6月末に異例の受注停止となった。

 アルファードの人気はもちろん日本だけではない。中国や香港では「人気」どころか、いまや「熱狂的」とも言える支持基盤が形成されている。

 もともとはテレビや香港の映画スターがアルファードを移動用に使っていたことが人気に火をつけた理由とも言われており、アルファードに乗ることは一種のステータスであると認識されているほど。

 中国での新車販売価格はアルファードが83万9000元(邦貨換算:約1727万5000円)、ヴェルファイアが84万7000元(約1744万1000円)と、輸入車であるために関税(15%)込みの値段となるが、加えて優先的に納車するための追加料金(納車費用)を払う場合もある。

 この現象は中古車価格にも大きな影響を与えている。中国の中古車サイトでアルファードを見てみると、未登録新古車は高くて150万元(約3088万6000円)近くでどれも掲載されている。

 また、価格が安い順で並べ替えると、最も安い2011年式の2代目アルファード(2.4L、7万キロ走行)でも21万9800元(約452万5000円)と、日本では考えられないような値段で取引されているのがわかる。5万km走行の2019年式3.5Lモデルでも128万元(約2635万6000円)など、多少走っていてもその価値は新車以上となる。

 アルファードが絶大な人気を誇る昨今、ライバル車も続々と登場している。「打倒アルファード!」を掲げて、様々な「高級ミニバン」が発売されており、今回はとくに注目の3台を紹介したみたい。

次ページは : ■ビュイックGL8

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

最新号

ベストカー最新号

サッカー日本代表に負けじとアツい! 創刊45周年記念号 第2弾! ベストカー12月26日号

大盛り上がりのサッカー日本代表同様に、アツい内容でお届けするのが発売中のベストカー12月26日号! 創刊45周年記念第2弾の今号は名物の「ゼロヨンテスト」特集や今年を振り返る「クルマ界2022 The総括」特集。大注目の格好いい新型プリウスを丸裸にする特集もあります!

カタログ