進化度すごっ!! 新型シエンタを元ホンダ営業マンはどうみる?

進化度すごっ!! 新型シエンタを元ホンダ営業マンはどうみる?

 2022年8月23日、トヨタは3代目となる新型シエンタを発売した。快適性・機動性・安全性の高さが注目され、すでに受注台数は約3万台と好調だ。

 モデル末期のフリードが、最新装備を搭載する新型シエンタに対抗できるのか。次期モデルで期待したい要素は何か。元ホンダディーラー営業マンである筆者が、販売現場目線で考えていく。

文/木村俊之、写真/TOYOTA、HONDA、ベストカー編集部、雨田芳明

【画像ギャラリー】室内空間に違いあり!! 快適性がアップした新型「シエンタ」とライバル車「フリード」をギャラリーでチェック!(23枚)画像ギャラリー

変わりつつあるコンパクトミニバンの選び方

オシャレカワイイ系のデザインとなった新型シエンタ。運転支援システムも旧型に比べて大幅に進化した
オシャレカワイイ系のデザインとなった新型シエンタ。運転支援システムも旧型に比べて大幅に進化した

 新型シエンタは、ホンダ陣営にとって大きな脅威となるだろう。シエンタはコンパクトミニバンに必要な、デザインや安全性の高さというニーズを的確に捉えている。

 近年残価型クレジットが普及したことで、クルマの選び方は大きく変わった。自分だけの「特別なクルマ」を求めるユーザーが、以前より増えていると聞く。残価保証があり、ある程度リセールバリューを気にせずに、カーライフを楽しめるようになったことが最大の理由だろう。

 シエンタは女性に好かれる優しい顔立ちでありながら、男性も惹かれる欧州車のようなデザインに仕上がっている。ボディカラーも豊富で、流行のアースカラーも準備した。さらに、最先端の安全機能が備わっていることもシエンタの強みだ。シエンタを選べば、「クルマに乗る家族の安全」が一緒に手に入る。まさに、特別なクルマといいたくなる一台だ。

「オシャレなミニバン」として、コンパクトミニバンの中心的存在となるシエンタ。そんなシエンタに、フリードはどう対抗していくのだろうか。

大きくしなくても快適になる! シエンタが起こしたフル乗車革命

 コンパクトミニバンの欠点は、フル乗車時に窮屈さを感じることである。居住空間の快適性を上げることは、開発の大きな課題だ。

  新型シエンタは先代と比べ、ボディの長さや幅を変えずに、ニースペースを広げている。その秘密はシート背面の凹みにあり、足元に空間を作り出しているのだ。着座した際に、膝周辺が広くなると、そのクルマが広くなったような感覚を受ける。

 さらに、ラクな姿勢を維持できるよう、全高を20mm上げて座面を高くした。乗降性も高まり、快適性が大幅にアップしている。コンパクトミニバンの設計では、限られたスペースの中で空間を作ることが醍醐味(だいごみ)である。7人乗っても窮屈さを感じさせない新型シエンタには感服だ。

次ページは : 激戦コンパクトミニバンはどちらが優勢?! 新型シエンタ VS フリード

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

最新号

ベストカー最新号

ジムニー5ドアにGT-R2024年モデルとズラリ! 小山慶一郎さんも登場!! ベストカー2月26日号

ジムニー5ドアもGT-R 2024年モデルも、デリカミニも丸ごと載ってる「ベストカー」2月26日号、発売中。特集は「昨年登場した日本車たちの進化度」と「今年登場する日本車たちの期待と不安」。 キャンプ好き、NEWSの小山慶一郎さんのインタビュー記事もあります!

カタログ