【フェラーリ、シボレーらから出た!!】愛すべきぶっとび&ヘンテコ2シーター車たち


このメイン写真のクルマはイタリアの自動車メーカー・イソの「イセッタ」。1953年から1955年まで生産されていました。かわいくないですか。前から乗り降りするんです。そして何より2人乗りなんですこれ。

狭そう? 確かに。でもその狭さこそが醍醐味だったりするんです。2人乗りのクルマを「2シーター」なんて呼んだりもしますが、思えば2シーターには“ぶっとび&へんてこ”なモデルが多い。イセッタも然りです。

今回は古今東西の2シーター、オープンカーからちっこかわいいものまで15台を集めてご紹介。最近だとマツダロードスターやホンダのS660、ダイハツコペンあたりが有名かもしれませんが、もっといろんな可能性があってもいいんじゃないかと感じる今日この頃です。

※本稿は2018年11月のものです
文:清水草一、ベストカー編集部/写真:ベストカー編集部
初出:『ベストカー』 2018年11月26日号


■フェラーリ Monza SP2

室内は他のフェラーリ同様の美しさ。ちなみに価格は非公表とのこと

これで公道も走れる! 特別なお客様向けの新モデル

このスタイルを「ぶっとびカッチョいい」と言わず何と言う。2018年10月のパリ・モーターショーで発表されたMonza(モンツァ)SP2は、ウィンドウがない潔さ。V12、6.5Lから810psが発生され、最速300km/h以上。ヘルメット、必須だろうね。公道もOKで天晴れな心意気だが、特別なお客様とコレクター向けのモデルです……。

ぶっとび度…10

■シェルビーコブラ

肉感あふれるスタイル。中古相場もかなりのぶっとび価格

500psを発生する肉感的ボディには真似のできないぶっとび感覚が満載。1960年代後半に製造されたが、日本でも乗れるタマがあるという。相場6000万円ほどで。ぶっとび~。

ぶっとび度…8

次ページは : ■シボレーコルベット(2代目)

最新号

ベストカー最新号

【2022年夏登場か!?】新型カローラスポーツGRを独占スクープ!!|ベストカー5月26日号

 コロナ禍は収まるどころか、第4波の到来が確実視され、不穏な空気が流れています。そうなると当然のように自粛要請となりますが、そんな時にはクルマに関する情報量満載のベストカーを読んで過ごすのがオススメです。  今号もニューカー、古いクルマを合…

カタログ