【スカイラインGT-R、RX-7…】 あの年もっとも熱いクルマ!! 1989年〜1998年編


そろそろ、どこのメディア・媒体でも、「あんなことがあった、こんなことがあった」と、この30年を振り返る企画が出て来るようになった。

ベストカーでは、平成30年間、それぞれの年別に登場した国産車をピックアップ。ベストカーにおけるその年ごとの「これぞ1番だ!」というベストモデルを選出。30年間を3つの期間で分け、今回は平成元年(1989年)から10年(1998年)までを振り返る。

その年の日本カー・オブ・ザ・イヤーに選ばれた1台、さらにその年に起こった主なトピックも合わせて掲載。懐かしさ、あるいは新鮮さも織り交ぜてご覧頂ければ幸いだ。

※本稿は2018年11月のものです
文・写真:ベストカー編集部
初出:『ベストカー』 2018年12月10日号


平成元年(1989年)…日産 スカイラインGT-R

[平成元年(1989年)の主なトピック] 消費税導入、竹下内閣退陣、天安門事件、リクルート事件、チャウシェスク政権崩壊、「ベルリンの壁」崩壊、千代の富士が9月場所で965勝(史上最多)・国民栄誉賞受賞、美空ひばりさん逝去など

1989年といえば初代セルシオや初代ロードスターなども登場した大豊作の年ですが、そのなかでの一番はR32型GT-R。個人的にはベースのスカイラインも最高の一台だと思っていますが、280psを発揮する2.6L直6ツインターボの加速感は衝撃的でした。平成30年間のベストだと思う。

●次点…スカイライン

【ちなみにこの年の日本カー・オブ・ザ・イヤーは?】 トヨタ セルシオ(1989-1990)

平成2年(1990年)…ホンダ NSX

[平成2年(1990年)の主なトピック] 日本人初の宇宙飛行士(秋山豊寛さん)、ドイツ統一、第1回大学入試センター試験、花と緑の博覧会(花の万博)開幕、千代の富士1,000勝、サッチャー首相引退、マンデラ氏釈放、株価暴落など

若い頃、かなり無理して中古車を買ったほど好きなクルマ。1990年にかぎらず、全年代を通してもベストに選びたいほど。特に素晴らしいのはV6、3L(のちに3.2L)のVTECエンジンで、日本車史上最高のNAスポーツエンジンではなかったか。あの鼓動が今も甦る!

●次点…レジェンドクーペNSX

【ちなみにこの年の日本カー・オブ・ザ・イヤーは?】 三菱 ディアマンテ(1990-1991)

次ページは : 平成3年(1991年)…マツダRX-7(3代目)

最新号

ベストカー最新号

【2022年夏登場か!?】新型カローラスポーツGRを独占スクープ!!|ベストカー5月26日号

 コロナ禍は収まるどころか、第4波の到来が確実視され、不穏な空気が流れています。そうなると当然のように自粛要請となりますが、そんな時にはクルマに関する情報量満載のベストカーを読んで過ごすのがオススメです。  今号もニューカー、古いクルマを合…

カタログ