エクストレイル レヴォーグ タント まだ買っちゃダメ!? 増税でも“待ち”のクルマたち


2019年10月から、消費税が8%から10%に増税される。つまり、大部分の車種は2019年10月の増税前が(増税される2%ぶん)“買い”になるわけだが、必ずしもそうだとは言えない車種もある。

2019年10月以降すぐのフルモデルチェンジが予想されるモデルたちがそれだ。

新型車のほうが性能面で進化するのはもちろん、新型車が登場すると旧型車のデザインはやはり古めかしく見えてしまうもの。実質的に2%ぶんの出費は増えるが、それでも内容的には新型車のほうが魅力的だといえる。

そんな、消費税10%になってでも購入を待ちたいフルモデルチェンジ予定車は、増税後すぐの2019年からある。

※本稿は2018年11月のものです。モデルチェンジ・新型車登場の時期についてはあくまで予想です
文・写真:ベストカー編集部
初出:『ベストカー』 2018年12月10日号


■モデルチェンジが予想される車はどれ!?

2019年秋~冬にかけて一新が予想されているのが、フィット、レヴォーグ、タント、エクストレイル、パジェロなど。いずれも人気車ばかりだ。たとえばフィットはハイブリッド車に2モーターシステムを採用し、レヴォーグはシャシーもパワートレーンも一新、パジェロはPHEVを搭載することになる。

2020年になると夏までに、ノート、ランクル、アテンザ、WRXがフルモデルチェンジして、秋にはデミオも一新する予定だ。

いずれも現行モデルから大きく進化することが予想されるだけに、増税後になっても新型車のデビューを待ってからの購入がよさそうだ。

■ホンダ フィット

写真はベストカーweb予想CG

新型はハイブリッド車に最新の2モーター式システムを採用。1Lターボ車もラインアップ(デビュー予想:2019年秋)。

次ページは : ■日産 エクストレイル

最新号

ベストカー最新号

【2022年夏登場か!?】新型カローラスポーツGRを独占スクープ!!|ベストカー5月26日号

 コロナ禍は収まるどころか、第4波の到来が確実視され、不穏な空気が流れています。そうなると当然のように自粛要請となりますが、そんな時にはクルマに関する情報量満載のベストカーを読んで過ごすのがオススメです。  今号もニューカー、古いクルマを合…

カタログ