【プリウス、N-BOX、ハリアー…】 2019年増税前後に買うべきクルマたち

2019年10月以降、新車購入でポイントとなるのが、消費税10%の増税と同時に行われる「自動車取得税の廃止」と「環境性能割」の導入。

11月1日現在、この環境性能割の課税内容についてはまだ決まっていないが、自動車取得税から環境性能割へ変わることで、消費増税後でも増税の負担が少ない車種が出る可能性もある。

その車種はどれなのか? モータージャーナリストの渡辺陽一郎氏に話を聞いた。

※本稿は2018年11月のものに適宜修正を加えています。増税後にかかる負担についてはあくまで予想を含んだ内容となります
文:渡辺陽一郎/写真:ベストカー編集部
初出:『ベストカー』 2018年12月10日号


最新号

ベストカー最新号

【新型Zの期待と不安】GT-Rに延命説浮上!|ベストカー 11月10日号

 ベストカーの最新刊が本日発売! 最新号では、事実上凍結されていた次期型日産GT-Rのモデルチェンジの最新情報をお届け。  そのほか、新型フェアレディZプロトタイプ、ホンダe、新型レヴォーグ、マイナーチェンジしたルーミーなど注目車種の情報か…

カタログ