ガソリン、HV、PHV、PHEV… どれを選ぶべき? 賢く選ぶ大人気SUVの「ベストパワーユニット」決定戦

ガソリン、HV、PHV、PHEV… どれを選ぶべき? 賢く選ぶ大人気SUVの「ベストパワーユニット」決定戦

 トヨタ RAV4、レクサス NX、ダイハツ ロッキー、マツダ CX-5。この人気SUV4台に共通するのが「パワーユニットが複数ある」こと。

 選択肢が多いのはありがたいのだが、結局どれを選べばいいのかわからない! という人も多いだろう。そこで今回は、自動車評論家 国沢光宏氏と片岡英明氏に「どのパワーユニット選べばよいか分からない問題」を解決してもらった!

※本稿は2022年8月のものです
文/国沢光宏、片岡英明、ベストカー編集部、写真/ベストカー編集部、トヨタ、マツダ、ダイハツ
初出:『ベストカー』2022年9月26日号

【画像ギャラリー】自動車選びのプロ2人が選ぶ人気SUVの「推しパワーユニット」を画像でチェック!!(11枚)画像ギャラリー

■マツダ CX-5

 2017年デビューのマツダのミドルクラスSUVのマツダ CX-5。3種類のパワートレーンを設定し、長く愛されている
 2017年デビューのマツダのミドルクラスSUVのマツダ CX-5。3種類のパワートレーンを設定し、長く愛されている

●パワーユニット一覧
・直4、2L(価格:267万8500~327万2500円)…エンジン:156ps/20.3kgm
・直4、2.5L(価格:320万1000~375万6500円)…エンジン:190ps/25.7kgm
・直4、2.2Lディーゼルターボ(価格:299万7500~407万5500円)…エンジン:200ps/45.9kgm
 

 熟成の域に達したミドルクラスのクロスオーバーSUVだ。

 CX-8の登場で少し存在感は薄れたが、使い勝手がよく、走りの質感は今も一級の実力を秘めている。2.5Lのターボが整理され、過給エンジンは2.2Lのディーゼルターボだけとなった。

 200万円台で買える20Sが搭載する2Lエンジンはバランス感覚に秀でたエンジンだが、多人数でアクティブに走るにはもう少し余裕が欲しくなる。2.5Lエンジンも滑らかで、実用域のトルク感も豊か。静粛性などの快適性も高いレベルにある。

 だが、パフォーマンス、扱いやすさ、燃費と三拍子そろっていて魅力的なのはディーゼルターボだ。4.5Lクラスの分厚いトルクに魅せられ、最新モデルは洗練度も一歩引き上げられた。価格は張るが、投資するだけの魅力がある。(TEXT/片岡英明)

■結論!…直4、2.2Lディーゼルターボがベスト! 性能、扱いやすさ、燃費の三拍子が揃ったディーゼルが最高に魅力的

マツダCX-5 パワーユニット別採点表
マツダCX-5 パワーユニット別採点表

■トヨタ RAV4

 トヨタRAV4。アクティブなエクステリアが魅力なトヨタの主力SUV。走行性能もさることながら、使い勝手も非常によい1台だ
 トヨタRAV4。アクティブなエクステリアが魅力なトヨタの主力SUV。走行性能もさることながら、使い勝手も非常によい1台だ

●パワーユニット一覧
・直4、2Lエンジン(価格:277万4000~359万5000円)…171ps/21.1kgm
・直4、2.5Lハイブリッド(価格:337万4000~410万6000円)…エンジン:178ps/22.5kgm、モーター:120ps/20.6kgm
・直4、2.5Lプラグインハイブリッド(価格:469万~539万円)…エンジン:177ps/22.3kgm、モーター:182ps/27.5kgm

 RAV4のパワーユニットは2Lガソリンと2.5Lハイブリッド、PHVの3タイプ。まったくキャラクターが違います。

 ただ普通のガソリンとハイブリッドについちゃ迷う必要なし! 5万km以上走ったり、7年以内で乗り換えようと考えているならハイブリッドです。

 絶対的な動力性能で優勢。ドライバビリティ優勢。5万km以上走ったら燃費の差で「ハイブリッド代」が出るし、乗り換えるなら下取り査定で取り戻せる。

 ハイブリッドとPHVは使い方と補助金次第だと思う。

 55万円の補助金を受けられ(今年は10月下旬で予算を使いきってしまう)、自宅に充電環境を確保できるのなら、これまた瞬時も迷うことなくPHVをすすめておく。そもそも圧倒的に速いし楽しい。

 参考までに書いておくと、0~100km/h加速は普通エンジン10秒。ハイブリッド8秒。PHVなら6秒。スポーツモデル並みだ。

 アクセルレスポンスも素晴らしく、クルマとしての魅力が大きい。ただ自宅に充電環境がないと、安い電力を使う電気自動車としての運用ができなくなってしまう。PHVは電気自動車の機能を使えないとなれば意味なし。

 ということで、自宅で充電できるならPHV。できなければハイブリッドを選ぶのが得策だと思う。繰り返すけれど今年度は補助金売り切れ濃厚。買うのなら2023年度に!(TEXT/国沢光宏)

■結論!…直4、2.5Lハイブリッドがベスト! ただし、自宅に充電設備があるなら2.5L PHVを選ぶべし

トヨタRAV4 パワーユニット別採点表
トヨタRAV4 パワーユニット別採点表

次ページは : ■ダイハツ ロッキー

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

最新号

デリカD:5が遂にフルモデルチェンジ! 快進撃続ける三菱が送り出す、ニューモデルの姿に迫る!【ベストカー7月10日号】

デリカD:5が遂にフルモデルチェンジ! 快進撃続ける三菱が送り出す、ニューモデルの姿に迫る!【ベストカー7月10日号】

三菱デリカにニューモデル、現る!? 未来のための新エンジン。AT対MT対決など、今号もクルマ界の隅々まで網羅します