なぜ繰り返される? どう防止する? 飲酒運転をなくすためにできること

 クリスマスが終わり、今週の仕事に片がつけば年末年始。今年も一年早かった、帰省だ、でかけよう…と考えている方も多いだろうと思う。ベストカー的に忘れてほしくないのが、お酒とクルマの問題だ。

 思えば今年も、お酒絡みの話題、それもよくない話題が多かったなあ…と思う。

 大きく取り上げられた出来事としては、やはり元アイドルの女性タレントによる飲酒・ひき逃げ事件が大きなインパクトを残した。青森県では9月にクルマ4台が絡む(というよりは3台のクルマが被害を被った、というほうが正しいのだろうが)4人が死亡する事故も起こった。これも飲酒運転だ。

 またちょっと話は脱線するかもしれないが、多くの人の命を危険にさらしたという意味ではその悪質さは変わらないJALの飲酒問題2件も起こっている。

 飲酒運転による死亡事故件数自体は、20年前に比べて約16.4%まで減少している。下の折れ線グラフを見れば激減ぶりがわかるが、平成20年以降の10年間は下げ止まり傾向なのも、また見てとることができる。

「飲酒運転や飲酒運転事故をゼロにはできないのか?」。そんな思いで心理的側面や具体的な動きについて取材を進めた。

平成8年が1296件、平成28年が213件と事故件数は激減。平成19年の厳罰化も減少のポイントになっている

まずは再認識!!飲酒運転には厳しい処分と罰則がある(※は前歴およびその他の累積点数がない場合)

酒気帯び運転
■吸気中アルコール濃度0.15mg/L以上 0.25mg/L未満……基礎点数13点・免許停止期間90日(※)
■吸気中アルコール濃度0.25mg/L以上……基礎点数25点・免許取り消し 欠格期間2年(※)
【罰則】3年以下の懲役または50万円以下の罰金

酒酔い運転
■アルコールの影響により車両の正常な運転ができない状態……基礎点数35点・免許取り消し 欠格期間3年(※)
【罰則】5年以下の懲役または100万円以下の罰金

※本稿は2018年11月のものです
文:ベストカー編集部/写真:Adobe Stock、ベストカー編集部
初出:『ベストカー』 2018年12月10日号


最新号

ベストカー最新号

次期シビックタイプRはハイブリッド化へ! 特集・ホンダ新車戦略|ベストカー11月26日号

 ベストカーの最新刊が本日発売! 最新号では、ホンダ近未来戦略の最新情報をお届け。  そのほか、新型MX-30、エクリプスクロスPHEV、新型レヴォーグ、新型ルーテシアなど注目車種の情報から、「予算別&目的別ベストカー選び」「新型BRZ一部…

カタログ