【フロントガラスに油の膜が!】 クルマ初心者のための「こんな時どーする??」 9選


 視界がなんとなくぼやける、内側の結露がなかなか収まらない、雪が降ってきたのでワイルドに夏用タイヤで走破、ETCが反応しないまたはスタックしてあわあわ…。

 それなりにクルマに乗る経験を積んでいれば、もしくは知っていればなんてことのないトラブルも、知らないがために対応できない、またはその先で思わぬ、更なるアクシデントの引き金になってしまう…なんてことは、実は意外とよくある(ただし、これもやっぱり経験しないとわからないことだったりする)。

 たとえば下の警告灯、左上から順にわかりやすいものを並べてみたつもりだが、なんの警告なのか、さらには赤いランプとオレンジのランプとで警告のレベルも違ってくるのだが、お分かりになるだろうか。

 ということで、今回はとくにクルマ初心者に向けて、日常のなかで起こりがちな「こんな時どーする!?」のケースと、その対処法を紹介!

オレンジと赤の意味の違い、わかりますか?(答えは本文で)

※本稿は2018年11月のものです
文:ベストカー編集部/写真:ベストカー編集部
初出:『ベストカー』 2018年12月10日号


■雨の日の視界がやたら悪くなった!

●市販の「油膜取り剤」でガラス磨きを!

(TEXT/鈴木伸一)

 雨の日に対向車のライトや街灯がギラついて前が見にくくなるのは、路面から跳ねてガラス表面にこびり付いた「ピッチ」や「タール」などの油分が原因。

 ワイパーの往復で塗りつぶされ、日光で焼付いてしまうため、ガラスクリーナーで磨けば一時的にきれいになるものの、すぐに元に戻ってしまう。このため、事前の対策が必須。市販の油膜取りでキッチリ磨き落とし、再付着の防止策としてガラス撥水剤の塗布をお薦めします。

 また、ワイパーの拭き残しがある時はブレードラバーの汚れを拭き取ってみる。それでダメならワイパーブレードの交換が必要です。

ううむ、見づらい。前方の見辛さは事故にも直結する。見た目にもよろしくない。こまめなケアを心がけたい

■今度はガラスの内側が曇った!

●「除湿機能」を利用して瞬時に解消!

(TEXT/鈴木伸一)

 ウィンドウ内面に「曇り」が発生する主な原因は外気と内気の「温度差」や「湿気」にあり、エアコンの「除湿機能」を利用すれば瞬時に解消することができます。

 まず、エアコンの吹き出し口をベントに、温度調整レバーとブロワスイッチを任意の位置にセットします。そして、内気・外気切り替えレバーを外気導入にし、A/CスイッチをON。これで機能します。

 また、「曇り」の正体は細かな水滴の集合体で、ガラスが汚れていると汚れ粒子に水滴が付着しやすくなります。季節の変わり目はこまめにウィンドウの内側を磨き、常にきれいにしておくことが肝心です。

次ページは : ■チェーンがないのに突然の降雪! どうしたらいい??

最新号

ベストカー最新号

【新型86/BRZ 世界初公開】5ドアジムニー最新情報入手!!|ベストカー5月10日号

ベストカー5月10日号、本日発売!! 4月5日に全世界公開されたばかりの新型トヨタ86/スバルBRZの情報をベストカー本誌の独自視点で分析します!5ドアジムニー最新情報も登場。

カタログ