あおり運転で判決 懲役18年の理由 そして追突したトラックに罪はあるのか?

 東名高速でのあおり運転による死傷事故。最初の判決が2018年12月に言い渡された。罪名は危険運転致死傷罪、そして判決は求刑23年に対し懲役18年。

 この判決は裁判員の意見を反映したものであり、実際に難しいとされた「危険運転致死傷罪」が適用されているところにも注目したい。

 しかし一点気になるのが、本線上に停止していた被害者の車両に追突した大型トラックの運転手への判決だ。運転手は「自動車運転過失致死」で書類送検されている。

 今回のような凶悪な事件に対し、いったい法律はどのように運用されるべきなのだろうか。

文:国沢光宏/写真:AdobeStock
ベストカー2019年1月10日号


最新号

ベストカー最新号

【新型Zの期待と不安】GT-Rに延命説浮上!|ベストカー 11月10日号

 ベストカーの最新刊が本日発売! 最新号では、事実上凍結されていた次期型日産GT-Rのモデルチェンジの最新情報をお届け。  そのほか、新型フェアレディZプロトタイプ、ホンダe、新型レヴォーグ、マイナーチェンジしたルーミーなど注目車種の情報か…

カタログ