約480万円の衝撃! 新型セレナの先進装備満載の豪華グレード「ルキシオン」がヤバい! これがあればエルグランドはいらない!?

約480万円の衝撃! 新型セレナの先進装備満載の豪華グレード「ルキシオン」がヤバい! これがあればエルグランドはいらない!?

 今回、新たに設定された最上級グレードのe-POWER LUXION(ルキシオン)の価格は、e-POWERハイウェイスターVに比べ約111万円も高い479万8200円。オプションや消費用を含めれば550万円オーバーとなり、とてもセレナとは思えない価格設定だ。

 このルキシオン登場で、もはやエルグランドはいらないのか? ルキシオンの詳細な中身とともに、どこが凄いのか、迫ってみたい。

文/ベストカーWeb編集部
写真/奥隅圭之、ベストカーWeb編集部

【画像ギャラリー】なんでこんなに高いのか? 先進装備テンコ盛り!!! 約480万円のセレナルキシオンの中身を写真でチェック!(20枚)画像ギャラリー

■プロパイロット2.0やプロパイロットリモートパーキングなど先進装備は全部入り

迫力あるオラオラ顔のセレナe-POWERルキシオン
迫力あるオラオラ顔のセレナe-POWERルキシオン

 今回新設定されたLUXIONは、新型セレナの最上級グレードとして設定され、日産開発陣は「既存のエルグランドオーナーの方に乗り替えていただいても満足していただけるように開発しました」と答えている。

 それにしてもe-POWERハイウェイスターVに比べ約111万円も高い479万8200円という価格は衝撃的だ。

 11月1日に一部改良が行われた現行エルグランドの価格は2.5リッター(2WD)が379万9400~455万8400円。3.5リッター(2WD)が458万9200~537万9000円と、ほとんどのグレードでセレナルキシオンのほうが高くなっているのだ。

ステップワゴンの最上級グレードのプレミアムライン。オデッセイの日本販売終了に伴いオデッセイのユーザー層をカバーすべく投入された
ステップワゴンの最上級グレードのプレミアムライン。オデッセイの日本販売終了に伴いオデッセイのユーザー層をカバーすべく投入された

 セレナと同じく、日本での販売終了となったオデッセイユーザーの顧客層を狙った、ステップワゴンの最上級グレード、e:HEVスパーダプレミアムラインは384万6700円、ノアの最上級グレードのハイブリッドS-Zは367万円だから、同クラスの最上級グレードよりもセレナルキシオンは約100万円近く高い。

プロパイロット2.0。ナビゲーションで目的地を設定し、高速道路の本線に合流するとナビ連動ルート走行を開始。状況に応じて同一車線内でステアリングから手を離すハンズオフも可能。高速道路同一車線走行時に40km/h以上でのハンズオフ機能の採用がミニバン世界初
プロパイロット2.0。ナビゲーションで目的地を設定し、高速道路の本線に合流するとナビ連動ルート走行を開始。状況に応じて同一車線内でステアリングから手を離すハンズオフも可能。高速道路同一車線走行時に40km/h以上でのハンズオフ機能の採用がミニバン世界初

 ではe-POWERハイウェイスターVより約111万円高いのはなぜか? ミニバン初採用の同一車線の全車速ハンズオフが可能なプロパイロット2.0をはじめ、プロパイロットパーキング、プロパイロットリモートパーキング、インテリジェントアラウンドモニター、ドライブレコーダー内蔵のインテリジェントルームミラーなどを標準装備としているからである(表参照)。

車外から操作できるプロパイロットリモートパーキング
車外から操作できるプロパイロットリモートパーキング

 実際、日産営業マンは「X、XV、ハイウェイスターVの12.3インチ日産コネクトナビやナビリンク付きのプロパイロットなどセットオプションの価格が50万円近くするため、全部入りのルキシオンのほうが結果的にお買い得に感じる」と言っていた。

 とはいえ、500万円クラスの高級車としては不満に感じるところもある。他車ライバルが標準もしくはメーカーオプションで設定している2列目シートのオットマンが標準で付いていなかったり(約4万円のディーラーオプション)、デュアルバックドアを採用する代わりなのか、ゲートの開閉が電動で行えないことが気になる。

先代セレナとはまったく違い、オラオラ感が増したフロントマスク。どことなくエルグランドに似ている
先代セレナとはまったく違い、オラオラ感が増したフロントマスク。どことなくエルグランドに似ている

 しかし、そのスタイルからか、ステップワゴンプレミアムラインはオデッセイの代わりにはならない……と感じるが、新型セレナルキシオンは、エルグランドのスタイルに似ているせいか、エルグランドの代わりになるかも、と実車を見て感じてしまったのも事実である。

●e-POWERルキシオンの装備はテンコ盛り
LEDヘッドランプ(ハイ/ロービーム、シグネチャーLEDポジションランプ付き)オートレベライザー付き
ダークサテンフェンダーフィニッシャー、LUXIONエンブレム
シャークフィンアンテナ
プロパイロット2.0
プロパイロットパーキング
プロパイロットリモートパーキング
12.3インチカラーメーターディスプレイ
12.3インチコネクトナビ&6スピーカー
NissanConnectナビゲーションシステム(地デジ内蔵)/ワイヤレス充電
/インテリジェントアラウンドビューモニター(移動物 検知機能付き)/
インテリジェント ルームミラー
統合型インターフェースディスプレイ
ドライブレコーダー(前後セット)/ETC2.0ユニット(ビルトインタイプ)
固定式センターコンソールボックス(アームレスト付き)
ヘッドアップディスプレイ(プロパイロット 2.0情報表示機能、カラー表示
木目調フィニッシャー(ブラック木目柄)
合皮シート
キャプテンシート
アンビエントライト(スライドドアトリム)
遮音ガラス〈フロントガラス+フロントドアガラス〉

次ページは : ■ルキシオンの走りは、ほかのグレードと違うのか?

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

最新号

ベストカー最新号

ジムニー5ドアにGT-R2024年モデルとズラリ! 小山慶一郎さんも登場!! ベストカー2月26日号

ジムニー5ドアもGT-R 2024年モデルも、デリカミニも丸ごと載ってる「ベストカー」2月26日号、発売中。特集は「昨年登場した日本車たちの進化度」と「今年登場する日本車たちの期待と不安」。 キャンプ好き、NEWSの小山慶一郎さんのインタビュー記事もあります!

カタログ