今や「成功の証」!! 新型RX登場でさらに磨きがかかったレクサスSUV軍団のヒエラルキー

今や「成功の証」!! 新型RX登場でさらに磨きがかかったレクサスSUV軍団のヒエラルキー

 2022年11月18日に正式発表となった、レクサスの新型「RX」。レクサスの粋(すい)を集めた最新技術と最新のデザインをまとい、珠玉の一台となって登場した新型RXには、早くも期待が集まっている。

 ただ、ご存じの通りレクサスには、このRXのほかにも、コンパクトSUVからフルサイズSUVまで、SUVのラインアップが充実している。新型RX正式発表となったいま、レクサスSUVのヒエラルキーとその実力差について、深掘りしてみよう。

文:吉川賢一
写真:LEXUS

【画像ギャラリー】偉大な先代を超えることができるか!?? いよいよ発売となった、レクサス新型「RX」(38枚)画像ギャラリー

存在感十分、SUVでありながら走りも期待できる新型「RX」

 存在感とボリューム感が増し、威風堂々とした佇まいで登場した、新型「RX」。ただ、ボディサイズは全長4890 (±0) mm×全幅1920 (+25) mm×全高1695 (-10) mm、ホイールベースは2850 (+60) mm (カッコ内は先代との差)と、それほど変わっていない。

 エクステリアデザインは、基本的には先代RXを継承しつつ、細やかな部分でディティールを改良し、低重心で踏ん張り感のあるスタイルに。新しいフロントフェイス「スピンドルボディ」や、鋭いヘッドライトなどが特徴的だ。インテリアは、ダッシュボードからドアまでラウンドした形状のデザインで、広さと包まれ感があり、落ち着きのあるインテリアに。インパネ中央の大型ディスプレイや液晶メーターなど、最新のデジタルアイテムも備わり、ラグジュアリーな雰囲気が存分に楽しめそうだ。

 走りに関しては、高剛性ボディと軽量化の両立、そして低床化を目的に、RAV4やハリアーと共通のGA-Kプラットフォームのリアセクションを全面改良して採用。これだけでも期待できるのだが、トップグレードである「RX500h F SPORT Performance」には、緻密な四輪駆動力制御によって車両姿勢のコントロールも行いながら、ダイレクトかつトルクフルで気持ちのいい走りを実現する電動四輪駆動力システム「DIRECT4」のほか、低速では、コーナリング時の旋回性や取り回しの良さを実現し、高速域では高い車両安定性を実現する「Dynamic Rear Steering(DRS)」までも搭載。SUVでありながら、走りにもかなり期待ができる内容だ。

 パワートレインは、ピュアガソリンのRX350、プラグインハイブリッドのRX450h、そしてハイブリッドターボのRX500hと、バリエーション豊富。車両価格は税込706万円~900万円となる。

新型RX F SPORTのフロントデザイン。スピンドルグリルからスピンドルボディへと名称を変えている
新型RX F SPORTのフロントデザイン。スピンドルグリルからスピンドルボディへと名称を変えている
新型RXのインテリア。ダッシュボードからドアまで、ラウンドした形状のデザインで、広さと包まれ感があり、落ち着きのあるインテリアとなった
新型RXのインテリア。ダッシュボードからドアまで、ラウンドした形状のデザインで、広さと包まれ感があり、落ち着きのあるインテリアとなった

次ページは : 手ごろなサイズと価格が魅力の「UX」

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

最新号

ベストカー最新号

ジムニー5ドアにGT-R2024年モデルとズラリ! 小山慶一郎さんも登場!! ベストカー2月26日号

ジムニー5ドアもGT-R 2024年モデルも、デリカミニも丸ごと載ってる「ベストカー」2月26日号、発売中。特集は「昨年登場した日本車たちの進化度」と「今年登場する日本車たちの期待と不安」。 キャンプ好き、NEWSの小山慶一郎さんのインタビュー記事もあります!

カタログ