ニッポンの誇りWRX S4がBMW ベンツに挑む!! 国産セダンは世界と渡り合えるか?


■BMW320d、ベンツC200とS字でコーナーリングを競う

例えば左→右のS字ならば、ステアリングを左に切り込むことで右フロントサスペンションが沈み込み、続いて右リアサスも沈む。反対側の左前後サスは伸び始める。こうしてクルマはロールと呼ばれる姿勢になり、コーナリングを開始。

そして今度は一気にステアリングを左から右に切り直す。サスペンションの動きが一気に反転し、「よっこらしょ!」という声がクルマから聞こえてきそう。反動を伴うこの動き、次の右コーナーへと向かう動きの早さと安定感、そして反動ゆえに左側のサスペンションがオーバーシュート(行き過ぎる)するレベルと安定感がキモとなる。

駆動方式はWRX S4STIスポーツがVTD-AWD、対するベンツC200とBMW320dがFR。このうち、WRX S4STIスポーツとベンツC200はフルにロールした時のストローク感は似た傾向だったが、BMW320dは電子制御可変減衰サス装着により、乗り心地のよさが際立っていたという

特に、操舵を受け持つフロントタイヤに真っ先にストレスがかかるから、この切り返しの動き(左 → 右)では左フロントが大きく沈み、対角線上の右リアが伸びて接地性が失われる。

サスペンションの動きに関してはWRX S4 STIスポーツとベンツC200は似たようなレベルにある。おそらくバネレートは近い。ただC200はサスペンションの縮み始めに抵抗感が少なく、スッと沈み込む。ダンパーの初期減衰力が弱くツッパリ感が少ない。

■メルセデスベンツC200アヴァンギャルド(552万円)

●全長×全幅×全高:4686×1810×1442mm
●ホイールベース:2840mm
●車重:1550kg
●エンジン:直4DOHCターボ
●総排気量:1497cc
●最高出力:184ps/5800~6100rpm
●最大トルク:28.6kgm/3000~4000rpm
●JC08モード燃費:13.6km/L
●トランスミッション:9速AT
●タイヤサイズ:225/50R17
●車両本体価格:552万円

ただし、フルにロールした時のストローク感は似ている。ともにバンプストッピングラバーでバンプするストロークを意図的に止めて、S字の切り返しの反動に備えている。ダンパーの減衰力はWRX S4 STIスポーツのほうが強く、スタビライザーも強い。

ベンツC200はロールが速いので対角線上のリアの伸びも大きい。なのに、リアが安定していて躍動感がある。WRX S4 STIスポーツはリアをある程度硬くして、フロントの動きの影響を少なくしてリアを安定させている。これはボディ剛性に自信があるからできるセッティングだろう。

ところが、この2車に対してまったく異なる足さばきを見せたのがBMW320dだ。実はこのモデルはMスポーツ仕様で、電子制御可変減衰ダンパーのアダプティブMサスペンションが装備されていたのだ。これまでの2車と比較して圧倒的に減衰力もバネレートもソフト。サスペンションの縮みも伸びもストロークが長くロールも大きい。

BMW320d Mスポーツエディションシャドウ(636万円)

●全長×全幅×全高:4645×1800×1440mm
●ホイールベース:2810mm
●車重:1570kg
●エンジン:直4DOHCディーゼルターボ
●総排気量:1995cc
●最高出力:190ps/4000rpm
●最大トルク:40.8kgm/1750~2500rpm
●JC08モード燃費:21.4km/L
●トランスミッション:8速AT
●タイヤサイズ:225/40R19
●車両本体価格:636万円
※エディションシャドウ

しかし、S字での動きは驚くほどステアリングに忠実で、切り返しのMAXに荷重が移動する瞬間もしなやかに落ち着いた動き。動きが大きいのに思いどおりのラインへ持っていくことができ、サスペンションがソフトだから乗り心地もいい。

■エンジンはSTIスポーツが最強 しかし2車と比べて足りないものも

3車中のエンジンで最強はWRX S4 STIスポーツの水平対向2L直噴ターボのボクサーエンジン。低速域からトルクが太くて扱いやすい。

搭載するエンジンはWRX S4STIスポーツが水平対向4、2L直噴ターボで、ベンツC200が新開発の直4、1.5Lターボ+48Vのマイルドハイブリッド、そしてBMW320dが直4、2Lクリーンディーゼルターボだ

ベンツC200は新開発の直4、1.5Lターボ+48Vモーターのマイルドハイブリッド。低速域をモーターアシストに任せてエンジン自体は高回転型に振っている。アクセルを踏んだ瞬間はモーターらしくガツンとくる加速。3000rpmを超えるとターボが唸りを上げるように高回転まで抜ける加速感。

BMW320dはディーゼルターボの低速から図太い加速感だ。このトルクがコーナリングでリアタイヤに強い駆動を与えて、リアステアのようなアジリティのあるハンドリングを作っている。ただし、ブレーキがノーマルなので、ストッピングパワーがもうひとつ。

結論。やはりドイツ車の奥深さは高いレベルにある。スポーツなのにコンフォート性(編集部註:快適性)が高い。それでも、コスパを含めてWRX S4 STIスポーツの時間をお金で買える度は高い。足りないものは、さらなる乗り心地のよさと室内静粛性だろう。


次ページは : 【番外コラム】 WRX S4 STIタイプRA-R公道インプレ

最新号

ベストカー最新号

日産が前へ動き出す! 日産スクープ総力特集!|ベストカー 7月10日号

本日、ベストカー7月10日号発売!!日産伝統のスポーツモデルの最新情報、セダン特集などをお届け。さらにランクル300の生写真も独占入手!!

カタログ