ニッポンの誇りWRX S4がBMW ベンツに挑む!! 国産セダンは世界と渡り合えるか?


【番外コラム】 WRX S4 STIタイプRA-R公道インプレ

今夏に群馬サイクルスポーツセンターで初試乗した時は、群サイ特有の非常に荒れた路面での限界コーナリング、限界ブレーキングに対して、ボディ剛性がまるでカーボンシャシーではないか? と思えるほど剛健なことに感心。というのもサスペンションも硬派に締まっていて、場合によっては硬さゆえに路面の大きなギャップに跳ね返されるような反力を受けてもボディはビクともしない。それがフルブレーキング時であってもだ。

電子制御のダンパーを持たない代わりに、どんなにクルマが跳ねようとも、跳ねた後の収束を速くしっかりとおさめる。スバルのタイプRA-R開発への考え方は一貫している。しなやかに、とか、いなして、などという優等生な乗り味を否定している。その代わり、この応答性とアジリティを出しています、と。

そこで今回、富士スピードウェイのドリフトコースと外周路を走って松田秀士なりに再検証した。予想していたが、このように路面コンディションのいい環境では圧倒的に面白く、楽しい。タイプRA-Rは路面がよければいいほどに本領を発揮。

コーナリングのロール感のなさはどこまでも攻め込める。ブレーキフィールはコントロールブレーキ、フルブレーキともに素晴らしい。

もう買えないのがとても残念……。※タイプRA-Rは500台限定販売ですでに完売済み

最新号

ベストカー最新号

日産が前へ動き出す! 日産スクープ総力特集!|ベストカー 7月10日号

本日、ベストカー7月10日号発売!!日産伝統のスポーツモデルの最新情報、セダン特集などをお届け。さらにランクル300の生写真も独占入手!!

カタログ