クラウンリボーンから考える「コンセプトチェンジしたクルマたち」4選

クラウンリボーンから考える「コンセプトチェンジしたクルマたち」4選

 2022年は、新型シエンタ、新型クラウンや新型セレナなどの最新モデルが続々と登場している。ダイナミックに変身した最新モデルが発表されるごとに、さまざまな意見が飛び交う。

 読者にとって、一番印象に残っているフルモデルチェンジはどのクルマだろうか? そこで、本稿では大胆に「コンセプトチェンジしたクルマたち」4台を厳選し、どのような変身をとげたのか、解説する。

文/永田恵一、写真/NISSAN、HONDA、SUBARU、MAZDA

【画像ギャラリー】大変革しすぎ!?? 意外なフルモデルチェンジしたクルマ4台の内外装をチェックする(49枚)画像ギャラリー

賛否両論で人気下落? 厳しいフルモデルチェンジ事情

2022年7月にフルモデルチェンジした新型クラウン。クロスオーバー、セダンなどの4つのボディに展開。さらに世界進出へと舵を切った
2022年7月にフルモデルチェンジした新型クラウン。クロスオーバー、セダンなどの4つのボディに展開。さらに世界進出へと舵を切った

 2022年7月に16代目モデルとなったクラウンはFRからFFベースの4WDへの移行、クロスオーバーセダンからスタートし4つのボディを展開すること、本格的な海外進出の開始など、別のクルマになったと言えるほどダイナミックなフルモデルチェンジを受けた。

 この点には驚きや賛否両論あるようだが、大きな話題となり、販売も好調となっている。

 クルマは、時折新型クラウンほどではないにせよ、良くも悪くもダイナミックなフルモデルチェンジをするものがあり、ここではダイナミックなフルモデルチェンジを行ったモデルを振り返ってみた。

●日産レパード

 レパードほど空白期間もないのにモデルごとに悪い意味でコンセプトが変わり続けたモデルも珍しい。レパードは、1980年にファッショナブルな4ドアハードトップと2ドアクーペという形で初代モデルが登場。

 しかし、翌1981年にレパードに対し、いろいろな面で華やかさに溢れたトヨタソアラの初代モデルが登場すると、初代レパードは初代ソアラの陰に埋もれてしまった。

1986年に登場した2代目レパード。ドラマ「あぶない刑事」の劇中車として使われた。その影響で、絶版したのちも人気を博している
1986年に登場した2代目レパード。ドラマ「あぶない刑事」の劇中車として使われた。その影響で、絶版したのちも人気を博している

 初代モデルの反省もあり、1986年登場の2代目モデルでレパードはソアラをターゲットとした2ドアクーペ専用車に移行。しかし、同時期に登場した2代目ソアラが当時の日本車にとって遠いものだった輸入車を目指した部分もあったほど、力の入ったモデルだったのに対し、2代目レパードはほとんどの部分が2代目ソアラに及ばず、2代目レパードもソアラに完敗に終わった。

 ただ、2代目レパードはドラマ「あぶない刑事」の劇中車に使われたことで熱狂的なファンがおり、その影響もあり現在中古車が高値で取引されている点で絶版後にインパクトを残した。

 1992年登場の3代目モデルはJフェリーのサブネームが付き、当時のシーマと同等の車格となるパーソナルなセダンに移行。レパードJフェリーは日本では全体的に個性が強いこともあり販売は低調だったが、アメリカではそれなりに売れ、記憶に残るモデルではあった。

 ところが、レパードとしては最後のモデルとなった1996年登場の4代目モデルは「レパードを販売する当時の日産店とサニー店に向けた、セドリック&グロリアをベースにしたほぼ同じクルマ」としか言いようがないモデルとなってしまった。

 4代目レパードに日産初となる直噴エンジン搭載車を追加するという話題はあったものの、浮上することはなくレパードは4代目モデルで歴史に幕を閉じた。

●ホンダインサイト

1999年に登場したホンダ初代インサイト。当時のプリウスを超える燃費を実現したものの、惜しくも2006年に一度目の絶版となった
1999年に登場したホンダ初代インサイト。当時のプリウスを超える燃費を実現したものの、惜しくも2006年に一度目の絶版となった

 インサイトは歴代ホンダにおいてハイブリッド専用車が使ってきた車名である。

 1999年登場の初代モデルは「燃費を追求した実験車」という存在で、ハイブリッドシステムこそ簡易なアシスト型となるホンダIMAだったが、2ドア車ということも生かし徹底的な空気抵抗低減と軽量化を行い、当時のプリウス以上の燃費を実現。

 しかし、初代インサイトは技術的には面白いモデルだったものの、普遍性がまったくなかったこともあり、2006年に一度目の絶版となった。

 2009年に2代目モデルとして復活したインサイトは、当時の2代目フィットをベースにした5ナンバーサイズとなる5ドアセダンのハイブリッド専用車に移行した。

 2代目インサイトは登場当初はハイブリッドカーとしては安価な189万円という価格を大きな理由に、登場から2カ月後の2009年4月には月間販売台数1位に躍り出るほどの人気となった。

 しかし、2009年5月に登場した3代目プリウスは2代目インサイトの影響を受け、205万円からという車格や装備内容を考えれば、超リーズナブルな価格で登場。3代目プリウスの登場後2代目インサイトはすっかり陰が薄くなってしまい、それなりに改良は行われたものの浮上することなく2014年に2回目の絶版となった。

 インサイトは2018年に3代目モデルとして2回目の復活を遂げる。3代目インサイトは「シビックをハイブリッド専用車とした4ドアセダン」というポジションで、乗ればなかなかいいクルマに仕上がっていた。

 しかし、3代目インサイトはカーナビまでフル装備ながら320万円台からという価格の高さが決定的な弱点となり、モデルサイクルを通して販売は振るわず。そのため、インサイトは最近登場したシビックハイブリッドを後継車に在庫がなくなり次第販売終了となり、再び絶版となる。

 インサイトが再度復活することがあるのかは定かではないが、そのときには今度こそ継続されるモデルになって欲しいところだ。

次ページは : 新たなモデルへと生まれ変わったクルマたち

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

最新号

ベストカー最新号

ジムニー5ドアにGT-R2024年モデルとズラリ! 小山慶一郎さんも登場!! ベストカー2月26日号

ジムニー5ドアもGT-R 2024年モデルも、デリカミニも丸ごと載ってる「ベストカー」2月26日号、発売中。特集は「昨年登場した日本車たちの進化度」と「今年登場する日本車たちの期待と不安」。 キャンプ好き、NEWSの小山慶一郎さんのインタビュー記事もあります!

カタログ