路線バスのなぜ!! シート配置と種類はありすぎるワケ

路線バスのなぜ!! シート配置と種類はありすぎるワケ

 路線バスの特に車内後方を見渡すと、車両によって同じ位置のシートが1人掛けの時と2人掛けの時がある。一人掛けシートは最近の風潮に則りプライベート感を重視した「サービス」の一環なのだろうか。シート配置に差が出る事情はいかに!?

文・写真:中山修一

利用者の多い路線はコレ!?:ラッシュ型

 バス事業者が車両を納入した後で独自にシート配置をアレンジしている……のではなく、実は1人掛けも2人掛けも各車両メーカーが用意している純正の内装で、発注段階でどの配置にするか選べる仕組みになっている。

 最近のノンステップ/ワンステップ車で、車両後方の1〜2段高い床面に一人掛けシートを左右に2つずつ配しているものは「都市型ラッシュ」や「ラッシュ型」と呼ばれる内装バリエーションだ。

 その名の通り、ラッシュ時間帯の利用者が比較的多い路線向けの内装で、車両奥の通路面積を広げて、立ち席客が後方まで無理なく入れるよう、シート4つ分を1人掛けにしている。

 この後方一人掛けシートにはプライベート感があり、真っ先に埋まるほど人気の高い場所だ。ただし、あくまで乗車定員を仕様の限界まで確保するための工夫で、プライベート重視で設定しているワケではなさそうだ。

バランスの取れた配置:都市型

 ラッシュ型で1人掛けになっている後方4つのシートを2人掛けに変えたものは「都市型」と呼ばれ、まとまった数の利用者がいる都市部の路線に適した内装とされる。

 後方通路が狭くなる分、ラッシュ型に比べ都市型のほうが定員が数名少ない。数名程度とあまり差がないのは、立席数が減る代わりに着席人数が増えるためだ。

 現行モデルのいすゞエルガを例にすると、ホイールベース5,300mmの車で、ラッシュ型の定員81人(座席22人+立席58人+乗務員1人)に対して都市型は定員79人(座席27人+立席51人+乗務員1人)だ。

車内前寄りに1人掛け、後寄りに2人掛けシートを配した標準的な都市型内装
車内前寄りに1人掛け、後寄りに2人掛けシートを配した標準的な都市型内装

 都市型は通勤通学時間帯の輸送力と日中の快適性を両立させた、バランスの良い配置と言える。

 なお、車体の長さが短いタイプでは、ラッシュ型の内装と同等でも「都市型」としている車種が一部にある。

ローカル路線の定番?:郊外型

 比較的長い距離を走る路線では座席数の多い車両が理想的。そんなニーズに応えるべく用意されているのが「郊外型」の内装だ。

 郊外型は2人掛けシートの配分が多めで、車両後方だけでなく前方にも2人掛けシートを置いているのが特徴だ。

 最近の低床車では、車椅子スペースの2脚分は跳ね上げ式の1人掛けシートになっているのが基本であるが、その部分を跳ね上げ式2人掛けシートに置き換えて着席人数を増やしたメーカーオプションもある。

前方低床部分まで2人掛けシートが並ぶ郊外型
前方低床部分まで2人掛けシートが並ぶ郊外型

次ページは : 都市型だったら都市専用ってこと?

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

最新号

デリカD:5が遂にフルモデルチェンジ! 快進撃続ける三菱が送り出す、ニューモデルの姿に迫る!【ベストカー7月10日号】

デリカD:5が遂にフルモデルチェンジ! 快進撃続ける三菱が送り出す、ニューモデルの姿に迫る!【ベストカー7月10日号】

三菱デリカにニューモデル、現る!? 未来のための新エンジン。AT対MT対決など、今号もクルマ界の隅々まで網羅します