【オープンカーの屋根問題】コンビニとかで毎回閉めるの!? 面倒じゃないのか

【オープンカーの屋根問題】コンビニとかで毎回閉めるの!? 面倒じゃないのか

 超貴重な存在になりつつあるオープンモデル。カッコいいけど、雨とかの時は面倒くさそうだな、とも。我々屋根付きクルマ所有者からすれば、例えばコンビニに行くときなんかも毎回屋根を閉めるのだろうか? 開けっ放しだと盗まれそうだが……。一体オープンカーオーナーはどうしてんの。なにか秘策でも!?

文/小鮒康一、写真/MAZDA、DAIHATSU、HONDA

■防犯性は皆無!? いやいや鍵付きの隠し収納があるんですっ

走って楽しいクルマとして「いの一番」に名前が挙がるマツダ ロードスター。屋根を開けてオープンで走れるというのも理由のひとつだろう
走って楽しいクルマとして「いの一番」に名前が挙がるマツダ ロードスター。屋根を開けてオープンで走れるというのも理由のひとつだろう

 クルマ好きであれば、一度は気にしたことがある人も多いであろうオープンカー。実際に所有したことはなくても一度は乗ってみたいと考えている人もいるのではないだろうか。

 最近では幸いにもレンタカーだけでなく、個人間カーシェアリングサービスなども普及してきて以前よりも気軽にオープンカーに接することができる機会も増えてきた。

 そこで気になるのが、オープンカーの屋根問題だ。走行中は屋根を開け放てば開放的な気分を満喫できるオープンカーではあるが、駐車中に屋根をどうするのが正解なのだろうか?

 もちろん長時間駐車するときは屋根を閉める一択になるとは思うが、ちょっとコンビニで買い物とか、高速道路のパーキングエリアなどでのトイレ休憩など、短時間だけクルマを離れるというシーンではいちいち屋根を開け閉めするのは面倒に感じることもあるだろう。

 ただ、実は多くのオープンカーでは短時間、クルマを離れる際にわざわざ屋根を閉めなくてもいいように、グローブボックスやストレージボックスにロック機構が点いている車種多いのだ。

 そのため、短時間だけクルマを離れる場合、大切なものはここに入れてカギをかけておけばおいそれと盗まれてしまうこともない。

 またオープンカーならではの特徴として、トランクのオープナーなどもこのボックス内に設置されている車種が多いので、ここさえロックしておけばトランクを開けられて荷物を盗まれてしまう危険性もグッと下げることができるのである。

■幌タイプは屋根閉めても不安……ならば貴重品は置いちゃダメ

 とはいえ、ただでさえ目立つオープンカーだけに、屋根を開けたままクルマを離れると心ない人からイタズラをされてしまう可能性もゼロではない。そのため、大切な愛車はもちろんのこと借り物であるレンタカーなどを使用している際は面倒でもクルマを離れる際は屋根を閉めておくのが安心と言えるだろう。

 もっとも近年のオープンカーは屋根の開閉が簡単になっているモデルも多く、ひと昔のオープンカーとは比べ物にならないくらい楽に開閉ができるようになっているし、なんなら電動で開閉できるモデルも多いので、そういったモデルを選択するというのもひとつの手だ。

 ただし、いくら屋根を閉めていたとしても、ソフトトップタイプのオープンカーでは、幌をカッターナイフなどで切られてしまうと簡単に車内にアクセスされてしまうので、長時間クルマから離れる際は車内に荷物を残したままにしないというのも防衛手段のひとつとなる。

 こちらも気になるようであれば、樹脂や鉄板の屋根を持ち、電動開閉が可能なリトラクタブルハードトップタイプのオープンカーも存在しているので、そちらを検討してみてはいかがだろうか。

次ページは : ■修理代は最低二桁万円!! オープンカーの意外な落とし穴

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

最新号

ベストカー最新号

ジムニー5ドアにGT-R2024年モデルとズラリ! 小山慶一郎さんも登場!! ベストカー2月26日号

ジムニー5ドアもGT-R 2024年モデルも、デリカミニも丸ごと載ってる「ベストカー」2月26日号、発売中。特集は「昨年登場した日本車たちの進化度」と「今年登場する日本車たちの期待と不安」。 キャンプ好き、NEWSの小山慶一郎さんのインタビュー記事もあります!

カタログ