年間36万件起きてるタイヤトラブルを防げ!! お手軽「電動空気入れ」5980円をガチで使ってみた

年間36万件起きてるタイヤトラブルを防げ!! お手軽「電動空気入れ」5980円をガチで使ってみた

 JAFによると、2020年度のロードサービスは全国で約212万件。内容別では、「バッテリー上がり」が最も多い(約73万件、構成比約35%)ですが、次いで多いのが、タイヤのパンクやバースト、エア不足などの「タイヤ関連トラブル」(約36万件、構成比約18%)。約5件に1件はタイヤに関する救援要請なのです。

 「タイヤに関するトラブル」とは、パンクやバースト・空気圧不足など。パンクの原因には、釘などの鋭利なものが刺さったことによる空気漏れなどもありますし、バーストの原因には、過積載やタイヤの劣化などもありますが、タイヤに関するトラブルの多くは、タイヤの空気圧不足によるもの。空気圧が低下しているタイヤは、高速走行を長時間続けることで、タイヤのたわみが大きくなり、タイヤが発熱、その結果としてバーストしてしまうのです。

 タイヤの空気圧は、できれば月に一度はチェックをしておきたいところですが、ガソリンスタンドで給油する際にチェックするのは、なかなか面倒なもの。そこで今回、自宅の駐車場で空気充填できるよう、コードレス電動空気入れを導入してみました。その使用感や注意点など、ご紹介したいと思います。

文:吉川賢一
アイキャッチ写真:エムスリープロダクション/イラストAC_おとーふ
写真:エムスリープロダクション、Adobe Stock

価格は5,980円

 今回用意したのは、TOOGEというメーカーの電動エアコンプレッサー。価格は税込5,980円です。狭い自宅駐車場での使用を考えて、サイズはできるだけコンパクト、かつ持ち運びができて、低騒音(従来品の3分の1らしい)、優れた放熱性、自立タイプなどを決め手とし、購入しました。

 気になる充填量ですが、カタログには、目安として、(バッテリー満タンであれば)乗用車のタイヤ4~6本(1~3分で1本)は可能と記載されています。タイヤの空気圧がゼロからの充填は、自宅で行うことはないですし、日常使用で減少した空気圧を補正する用途であれば、これで問題はないと考えました。付属のホースの手触りは、(剛性感はありませんが)まあまあの質感です。繰り返しの使用となると、プラスチックのノブが折れないか心配ですが、力を入れても撓むことはありません。ただし、ケーブルに付いた曲がり癖が強く、まっすぐに戻せないのが気になります。

 バッテリーへの充電方法は、クルマのシガーソケットを経由、もしくはUSB経由にて充電する方式です(モバイルバッテリーからの充電も可能)。充電用のケーブルも付属されており、この辺りは別途用意することもなかったので、比較的リーズナブルに感じます。早速、USBで満充電(本体横のインジケーターで緑を確認)にしました。また、精度をチェックするため、アナログのエアゲージも別途用意しました。

TOOGEというメーカーの電動エアコンプレッサー。価格は5,980円。コンパクト、かつ持ち運びができて、低騒音(従来品の3分の1らしい)、優れた放熱性、自立タイプなどを決め手とし、購入
TOOGEというメーカーの電動エアコンプレッサー。価格は5,980円。コンパクト、かつ持ち運びができて、低騒音(従来品の3分の1らしい)、優れた放熱性、自立タイプなどを決め手とし、購入

次ページは : ケーブルを装着して空気圧を設定し、SETボタンを押すだけ

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

最新号

デリカD:5が遂にフルモデルチェンジ! 快進撃続ける三菱が送り出す、ニューモデルの姿に迫る!【ベストカー7月10日号】

デリカD:5が遂にフルモデルチェンジ! 快進撃続ける三菱が送り出す、ニューモデルの姿に迫る!【ベストカー7月10日号】

三菱デリカにニューモデル、現る!? 未来のための新エンジン。AT対MT対決など、今号もクルマ界の隅々まで網羅します