2022年に一番読まれた記事は「ドン引き運転」&一番読まれた日と一番注目を集めた新車記事は「新型クラウン」

2022年に一番読まれた記事は「ドン引き運転」&一番読まれた日と一番注目を集めた新車記事は「新型クラウン」

 多くの新型車が登場した2022年。ベストカーWebでも多くの記事を公開いたしました。2022年1月1日から本日12月31日までに当サイトにて公開した記事5621本のうち、一番読まれた記事はどれか。上位3本と、(多くの新型車が登場したなかで)新車紹介記事が最もたくさん読まれた新型車はどれか、をお知らせいたします。意外…ではなかった、「やっぱりこれか」感がすごかったです。

文/ベストカーWeb編集部、画像/Adobe Stock

■第3位/それ言っちゃおしまいよ!ディーラー営業マンがイラっとくる値引き交渉のひと言

■それ言っちゃおしまいよ!ディーラー営業マンがイラっとくる値引き交渉のひと言

 2022年3月25日に公開された、元自動車ディーラー営業マンによる「商談の際に、これは言わないほうが…」な企画が3位にランクインしました。年末時点での当該記事の総PV(2ページめ以降やampページ、mode=shortは加算し、画像ギャラリー等は除外)は1,493,185PV。ここだけの話、「これがいけるなら、下取りに出す際の【言っちゃいけないひと言】という企画もいけるのでは」、「中古車店バージョンでもこういうのあるはず」と、関連企画も生み出した親孝行な企画でした。著者の佐々木亘さん、ありがとうございます。皆さま、営業マンには親切に。

■第2位/「なぜ日本人の給料が上がらないのか」について自工会の豊田章男会長がマスコミへ注文した内容がド正論だった…

■「なぜ日本人の給料が上がらないのか」について自工会の豊田章男会長がマスコミへ注文した内容がド正論だった…

 2022年11月17日に実施された自動車工業会記者会見での質疑応答にて、豊田章男会長が語った「マスメディアによる春闘&賃上げ関連記事についての持論」を取り上げた記事が大ブレイク。公開は12月6日。記者会見自体は、経団連モビリティ委員会の活動や自動車関連税制への提言が主題であり、「春闘」や「賃上げ」はあくまで枝葉の話だったこともあり大手報道機関がこのテーマを報じなかったことも、本記事の注目度を上げた一因となりました。FacebookやTwitterでも大いに話題になり、総PV数は1,551,232PV。12月公開記事なので今後まだ伸びそう。自動車は日本の経済基盤産業でもあるので、経済ネタ、もっと頑張ります。はい。

次ページは : ■第1位/かっこわりー!! 時代が変わっていまやドン引きされる運転ワースト8

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

最新号

新型MR2の確定情報、入電! ポルシェ911ダカール、クラウン”ランドスケープ”など激アツ車種勢ぞろい【ベストカー8月10日号】

新型MR2の確定情報、入電! ポルシェ911ダカール、クラウン”ランドスケープ”など激アツ車種勢ぞろい【ベストカー8月10日号】

SCOOP班も驚き! MR2とセリカに新情報が続々! SUV選びに悩む人もこの一冊を読めばすべて解決!? 酷暑を吹っ飛ばすほどのニューカー情報盛りだくさんです!