ジムニーか? シエラか?? 迷っている多くの仔羊へ送る独断と偏見と「安さ」の選択肢

ジムニーか? シエラか?? 迷っている多くの仔羊へ送る独断と偏見と「安さ」の選択肢

 現行ジムニー(JB64)&シムニーシエラ(JB74)が発売されて4年。未だに人気で納車は1年待ちとか言われているが、軽自動車枠のジムニーか普通車枠のジムニーシエラか? これは悩ましい問題。実は私、初めて買ったクルマがJA71の幌車で、その時も「軽(JA71)か普通車(JA51)か?」でかなり悩んだ。そんな筆者が「いったいどっちなの?」に意見を言わせてもらおう。というか、「オレが買うならこっち!」ですね。

 あ、これはあくまで個人の見解なので、あまり目くじら立てずに読んでいただけると幸いです。

文/今坂純也(DIRT SKIP)、写真/スズキ、FavCars.com

「男の相棒」だったはずのジムニーだが…

迷っていないか!? ジムニーvsシエラ、どっちがいいかハッキリさせよう
2018年7月に20年ぶりのフルモデルチェンジを果たしたジムニー。先代は「丸くなってる……」と戸惑うファンも多かったが、今回は原点回帰した感の強いエクステリアデザインとなり、「男の相棒」のイメージが復活!!

 ジムニーがこの世に誕生したのは1970年、軽自動車がまだ360ccだった頃。今もなお採用されるラダーフレームや前後リジッドアクスル、副変速機付きパートタイム4WDシステムを搭載したLJ10は、「男の相棒」として誕生。その後もジムニーは軽自動車でありながら本格クロカン車として愛され、2018年に登場した現行ジムニーもそのテイストをしっかりと受け継いでいる。

 現行ジムニー・シエラ登場時、筆者はランドローバー・ディフェンダー110を愛車にしており、新型は本格クロカン車でありながら「ルーフやフェイスデザインがディフェンダー、もしくはメルセデス・Gクラスのミニチュア版みたいで、本格クロカン車なのにかわいいな」と思った。

 しかし、アウトドア・キャンプブームの流行もあってか、まさか「男の相棒」が今のような「ソロキャン派」「キャンプ女子」ほか、キャンパーや“普通の人”にも支持されるようになるとは思いもしなかった。ジムニーにとって「新しい客層」がやってきたわけだ。

 現行ジムニーとシエラ、外観上の大きな違いはオーバーフェンダーがあるかないか程度。つまり、ナローボディかワイドボディ(ナローボディ+オーバーフェンダー)かってこと。これは昔もほぼそうだった(ターボの付いた軽にはボンネットにエアスクープがあり、ノンターボだった1300ccのシエラにはなかったが)。で、内装はほぼ同じ。

 自分のような古いタイプは「やはりジムニーは軽でしょ!」と言いたいが、現行ジムニーは今までのジムニーとシエラとは少し変わった様子。

 かつてのシエラは1298ccで、高速道路ではエンジン回転数が抑えられることで「若干快適かな?」程度のメリットしかなかったと思う。でも現行シエラは排気量が1.5 リッター(1490cc)に上げられたK15Bエンジンとなり、今までのシエラが言われた「排気量がデカいくせにレスポンスは悪いし、パワーだって軽のジムニーをチューンすれば凌駕できる程度じゃん」はもはや過去のものとなったようだ。

 やっぱりターボ付きとはいえ660ccの軽と1500ccの普通車では高速道路走行時の余裕度には差がある。軽のジムニーで高速道路を100km /hを超える速度で走ると、エンジン音はうなっていて到底一般道と同じ音量で助手席に座った人と会話ができない。ボリューム的には1.5倍程度大きな声で話をすることになる。

 対してシエラでは、100km /hを超える速度でもジムニーほどはエンジンがうならない。頻繁に高速道路を使って移動し、そこに少し快適性を求める人にはシエラだろう。

次ページは : では自分が選ぶならどっちか? 今の自車ラインナップに加えるならジムニー!

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

最新号

ベストカー最新号

ジムニー5ドアにGT-R2024年モデルとズラリ! 小山慶一郎さんも登場!! ベストカー2月26日号

ジムニー5ドアもGT-R 2024年モデルも、デリカミニも丸ごと載ってる「ベストカー」2月26日号、発売中。特集は「昨年登場した日本車たちの進化度」と「今年登場する日本車たちの期待と不安」。 キャンプ好き、NEWSの小山慶一郎さんのインタビュー記事もあります!

カタログ