ダイハツのネーミングセンスが凄い!?カクカクシカジカだけじゃない!!


新型車の名前だけでなく、コマーシャルなどのキャッチコピーは広報活動のうえでも大切なもの。かつての「いつかはクラウン」などの名言がその最たるもの。

そんなネーミングで最近凄いのがダイハツ。「カクカクシカジカ」など大ヒットしたキャッチコピーなど近年のCMイメージが強いかもしれない。

しかし思い起こせばダイハツのネーミングセンスは、昔からとてつもなく高いレベルにあった。そんなダイハツのネーミングセンスを振り返ります。

文:ベストカー編集部
ベストカー2019年2月10日号


■ブイブイ言わせているダイハツのネーミングセンス

2018年12月5日、トヨタが後付け安全装備「踏み間違い加速抑制システム」の発売を開始した。

ペダルの踏み間違いによる事故を減らすための画期的な装備で、壁などの障害物を検知する超音波センサーを車両の前後に後付けできるというもの。まずは30プリウスとアクア用が用意される。

同じ日にダイハツも同様のシステムを発表。内容はトヨタと同じで、こちらは先代タント用から始まり、順次対象車種を増やしていくという。

今、ダイハツはトヨタの子会社という位置づけだが、意外なことに開発はまったく別に進んでいたらしい。「こういう装備が必要だ」という意識は同じだったということだろう。

これは一本とられた!! という感じだった「つくつく防止」。後付けできることをしっかりアピールしつつ、非常に覚えやすい語呂もいい

しかし、まったく違うところもあって、それはネーミング。トヨタが「踏み間違い加速抑制システム」という遊び心ゼロの名前を付けたのに対し、ダイハツはこれを「つくつく防止」としてきた!

後付けの「つく」に事故防止の「防止」でつくつく防止。控えめに言っても天才的な仕事である。

その大仕事をやってのけた担当氏は「つくつく防止、突っ込みぼーし! と覚えていただければ幸いです」とマジなのかネタなのかわからないコメントをくれたが、思えばダイハツにはユニークな名称が多い。本企画で、そのいくつかを紹介したい。

■「カクカクシカジカ」だけじゃない!! スペース効率の表現

カクカクシカジカ】2008年ムーヴコンテ

四角いボディが特徴のムーヴコンテ用CMキャラクターだった「カクカクシカジカ」だが、今ではダイハツ全体のマスコットに成長。

四角いボディで鮮烈デビューしたコンテ。「カクカクシカジカ」はいまやダイハツを代表するキャッチコピーだ

四角いデザインを表現するのに「カクカクシカジカ」とするセンスがダイハツ流だ!

【ドデカクつかおう。ウェイク】2014年ウェイク

玉山鉄二があんちゃん役で登場するCMが人気のウェイク。背の高さを荒唐無稽なストーリーでアピールする内容がウケている。

写真はキャンプに持っていく冷蔵庫を積み込むために、あんちゃんが背の低いクルマを改造しているシーン。こういうわかりやすいCMを作れるのもダイハツのいいところ。

ダイハツウェイクはそのハイルーフで大きなものも楽々積載できるというのが売り。「ドデカクつかおう」はスッと若者の心にも染み渡る名言だ

それでキャッチコピーが「ドデカクつかおう」なのだから完璧だ。

この「わかりやすさ」がダイハツネーミング術のミソで、(一部を除き)消費者に一瞬にしてアピールポイントを理解させるのが得意。

2013年の東京モーターショーに出展したウェイクを示唆するコンセプトカーの車名は「DEKA DEKA」(デカデカ)だったのだから徹底している。

【ミラクルオープンドア】2003年タント

タントといえば、Bピラーをスライドドアに組み込んだピラーインドアで有名だが、2代目でこの機構を初めて採用した時に付けたネーミングが「ミラクルオープンドア」。

Bピラーをビルトインしたタント。大きな開口部はまさに魔法のように開く。うーん、最近ビルトインBピラーが懐かしいです

ミラクルのように大きく開くという意味だ。そのまんまだが、わかりやすい。

ちなみに現行車種でピラーレスドアを採用しているのはタントとN-VANのみ。かつてはラウムとアイシスにはあり、トヨタはそれを「パノラマオープンドア」と称していた。

次ページは : ■捻りを効かせた「座布団一枚!!」なネーミング

最新号

ベストカー最新号

【2022年夏登場か!?】新型カローラスポーツGRを独占スクープ!!|ベストカー5月26日号

 コロナ禍は収まるどころか、第4波の到来が確実視され、不穏な空気が流れています。そうなると当然のように自粛要請となりますが、そんな時にはクルマに関する情報量満載のベストカーを読んで過ごすのがオススメです。  今号もニューカー、古いクルマを合…

カタログ