うーん迷う!! 納期を取るか値引きを取るか? 賢い兄弟車の購入方法

うーん迷う!! 納期を取るか値引きを取るか? 賢い兄弟車の購入方法

 メーカーのアライアンスが進むとともに、メーカーをまたいだ兄弟車というのが増えた。代表的なのはトヨタルーミー、ダイハツトール、スバルジャスティだろう。この場合お買い得なのはどのメーカーのクルマなのだろうか?

 かつては生産元のメーカーとOEM供給を受けているメーカーを戦わせて、商談を有利に進めるという手法があったが、令和の今、この方法は通用するのか。多種多様になった兄弟車の買い方についてディーラーを直撃した!

文/佐々木 亘、写真/Toyota、Daihatsu、Mazda、Subaru、ベストカー編集部

■ワゴンRとAZワゴンが代表格!かつてあったOEMの利点

2008年に発売された最終型マツダAZワゴン。ベースとなったのは同年発売の4代目スズキワゴンRだ
2008年に発売された最終型マツダAZワゴン。ベースとなったのは同年発売の4代目スズキワゴンRだ

 資本提携や子会社化など、自動車メーカー各社では、アライアンス(同盟)を作る動きが加速している。トヨタ・ダイハツ・スバルや日産・三菱のように、それぞれの強みを生かし、弱点を補う上で、こうした協業は有効かつ最善の策だ。

 アライアンスが進んだ結果として、メーカーをまたいだ同一車種、いわゆる兄弟車と呼ばれるものが増えてきた。大ヒットしているルーミー(トール・ジャスティ)やライズ(ロッキー・レックス)、カーオブザイヤーを受賞した日産サクラと三菱eKクロスEVなど、「売れるクルマ」や「今年の顔になるクルマ」にも、兄弟車が挙がってくる。

 ここで一つの疑問が浮かび上がる。非常に似通ったクルマ同士だが、各メーカーで「個別に見積もりを取ることで、購入条件を有利に出来るのか」というものだ。

 1990年代後半から2000年の初め頃は、メーカーエンブレム以外は全く同じで、エンブレムを隠されると見分けがつかない兄弟車が多かった。スズキ・ワゴンRとマツダ・AZワゴンは、その最たる例と言っても良いだろう。

 ワゴンRと比べると、AZワゴンのネームバリューは小さい。しかし、クルマの質はワゴンRと同じだ。マツダは、本家ワゴンRよりも人気で劣るAZワゴンを、本家よりも少しお得に買えるクルマとして販売した。結果としてAZワゴンは、マツダの中でも売れ行きの良い軽自動車になった形だ。

 新車市場で人気が無ければ、中古車としての評価も厳しくなる。かつてのOEMは、新車・中古車ともに「人気が無い分だけ安く買える」というのがメリットだった。

次ページは : ■相見積もりは効果なし?兄弟車で価格の優位はあるのか?

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

最新号

ベストカー最新号

ジムニー5ドアにGT-R2024年モデルとズラリ! 小山慶一郎さんも登場!! ベストカー2月26日号

ジムニー5ドアもGT-R 2024年モデルも、デリカミニも丸ごと載ってる「ベストカー」2月26日号、発売中。特集は「昨年登場した日本車たちの進化度」と「今年登場する日本車たちの期待と不安」。 キャンプ好き、NEWSの小山慶一郎さんのインタビュー記事もあります!

カタログ