「安さ」で選ぶなら商用車!! 物価高時代を賢く生き延びるための狙い目商用車たち

「安さ」で選ぶなら商用車!! 物価高時代を賢く生き延びるための狙い目商用車たち

 乗用車(自家用車)とは異なる毎年車検(新車登録後の1回目の車検は2年)が必要な商用車。そう聞くと「維持費が高くなるので?」と思われるかもしれないが、自動車税や重量税が乗用車に比べると割安で、実は維持費が抑えられるメリットがある。最近では、あえて商用車として発売される軽モデルもあるほど世の中のニーズは高まりつつある。物価上昇が続く昨今、だったらクルマもコスパを重視したいという人は商用車への乗換えも視野に入れてみては?

文/FK、写真/スズキ、ダイハツ、トヨタ、ホンダ

ハイゼットカーゴは不動の人気を獲得するキャブオーバーバンNo.1モデル

お財布のひもは締めたい!! だからこそ見直したい!! 今アツい「狙い目商用車」
多くの荷物を効率的に積みたいというニーズに応えるべく、車体形状のスクエア化などによってクラス最大の積載スペースを実現したハイゼット カーゴ

 一般社団法人 全国軽自動車協会連合会が発表した2022年上半期の軽四輪通称名別新車販売台数において、キャブオーバーバンNo.1の4万4029台を記録したハイゼットカーゴ。これは、数多ある軽乗用車を含めてもN-BOX、スペーシアに続く全体の3番目に相当する販売台数となる。

 群を抜くセールスに直結しているのが、一昨年12月に行われたフルモデルチェンジで11代目が登場したこと。近年の軽商用車を取り巻く環境変化に対応するべく、一昨年のフルモデルチェンジでは商用車初の“DNGA”(Daihatsu New Global Architecture)を展開してプラットフォームを一新するとともに、FR用CVTを軽商用車として初めて採用し、燃費・静粛性・発進性といった基本性能を向上。最新の予防安全機能であるスマートアシストを採用して、安全・安心への高まるニーズにしっかり対応しているところも特筆すべきポイントだ。

 また、より多くの荷物を効率的に積めるよう、車体形状のスクエア化などによってクラス最大の積載スペースを確保。荷室の側面や床面のフラット化などで荷物を傷つけることなく、効率的に使用できる使い勝手の良さも魅力なだけに、軽四輪キャブオーバーバンNo.1を獲得するのもナットク……と言わざるを得ない。

 最廉価グレードの「スペシャル」2WD/5MT仕様は104万5000円(税込)~。このご時世に非常に挑戦的な価格だ。さすが軽商用の雄。ちなみに軽商用は軽乗用に比べて(新車時の価格や税金が安いだけでなく)下取り時に値落ちしにくい、というメリットもある。これはモデルサイクルが長いうえ、定期的に整備されているクルマが多いという証拠だろう。

次ページは : 軽トラで個性派を気取りたいならスーパーキャリィを選ぶのも一興

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

最新号

ベストカー最新号

ジムニー5ドアにGT-R2024年モデルとズラリ! 小山慶一郎さんも登場!! ベストカー2月26日号

ジムニー5ドアもGT-R 2024年モデルも、デリカミニも丸ごと載ってる「ベストカー」2月26日号、発売中。特集は「昨年登場した日本車たちの進化度」と「今年登場する日本車たちの期待と不安」。 キャンプ好き、NEWSの小山慶一郎さんのインタビュー記事もあります!

カタログ