ハリアーが3位ってマジ!? 技術的洗練度で選ぶ最新ミッドサイズSUVランキング

ハリアーが3位ってマジ!? 技術的洗練度で選ぶ最新ミッドサイズSUVランキング

 日産 エクストレイルやマツダ CX-‌60、ホンダ ZR-Vなど魅力的ニューモデルの登場でガラリと変わったミッドサイズSUVの勢力図。自動車評論家 鈴木直也が、技術的洗練度で選ぶ最新ミッドサイズSUVランキングをご紹介!

※本稿は2022年12月のものです
文/鈴木直也、写真/ベストカー編集部 ほか
初出:『ベストカー』2023年1月10日号

■「優等生」なトヨタSUVに勝る日産エクストレイル

鈴木直也氏が1位に選んだのは日産 エクストレイル(価格:319万8800円〜504万6800円 ※オーテック含む)
鈴木直也氏が1位に選んだのは日産 エクストレイル(価格:319万8800円〜504万6800円 ※オーテック含む)

 ミッドサイズSUVはいいクルマが揃ってるうえに技術的にも面白いトライがいっぱい。ぼくみたいなメカ好きは、目移りしてランキングが決めきれない魅力的なジャンルだ。

 迷った末の1位はエクストレイル(日産)。

 日産独自の可変圧縮比ターボは、e-POWERとの相性が抜群。裏方の発電エンジンがどえらく強力になったから、グイグイ加速するトルク感は従来のe-POWERの比ではない。

 また、前後2モーターが最適トルク制御を行うe-4ORCEで、ハンドリングのバランスもFRっぽい面白さ。

 乗り心地や静粛性についても、セグメントトップクラスといっていい。

鈴木直也氏が2位に選んだのはトヨタ RAV4(価格:293万8000円〜563万3000円 ※ガソリン車・ハイブリッド車・PHV含む)
鈴木直也氏が2位に選んだのはトヨタ RAV4(価格:293万8000円〜563万3000円 ※ガソリン車・ハイブリッド車・PHV含む)

 これまでは、RAV4とハリアー(ともにトヨタ)がこういう個別評価で満遍なくいい点を取る優等生だったが、エクストレイルは燃費をのぞく全項目で強敵トヨタ勢を上回っている。いやはや「日産、やればデキルじゃん!」と、大いに見直した次第だ。

 4位以下も接戦だ。ZR-V(ホンダ)は日産のe-POWERと基本的には同じシリーズハイブリッドだが、直結機構を備えていて高速域ではエンジンが直接タイヤを駆動する。

 ダイレクトな駆動感や優れた燃費など、そこに由来するメリットも多いのだが、上位のライバルに比べるとややトルクが細いのが残念。

 ハンドリングはセグメントベストとぼくは評価してるんだけど、もうちょっとパワートレーンにパンチが欲しいんだよね。

鈴木直也氏が3位に選んだのはトヨタ ハリアー(価格:312万8000円〜620万円 ※ガソリン車・ハイブリッド車・PHEV含む)
鈴木直也氏が3位に選んだのはトヨタ ハリアー(価格:312万8000円〜620万円 ※ガソリン車・ハイブリッド車・PHEV含む)

 逆に、CX-60(マツダ)は直6縦置きFRというキャラの立った駆動系だけで存在意義があるクルマだ。

 見栄えも走りもクラス上のセグメントといっていい貫禄ながら、価格は思いの外お買い得。乗り心地やNVにちょっと熟成不足な点が散見されるのが惜しいが、この価格帯で直6縦置きFRが手に入る魅力には抗し難いものがある。

 以下、アウトランダーPHEVは国産PHEVのベストセラーとして安心して買える定番モデル。フォレスターはスバルならではのシンメトリカルAWDで雪道やオフロードが最高に似合うSUV。

 レクサスNXはRAV4と同評価にしてもいいのだが、コスパを考慮して順位が低くなっただけ。CX-5だってまだまだ商品性は充分高い。

 このクラスはお好みでどれを買っても後悔しない逸品ぞろい。それが結論ですね。

●鈴木直也が選ぶミッドサイズSUVベスト9
・日産 エクストレイル
・トヨタ RAV4
・トヨタ ハリアー
・ホンダ ZR-V
・マツダ CX-60
・三菱 アウトランダー
・スバル フォレスター
・レクサスNX
・マツダ CX-5

【画像ギャラリー】鈴木直也が選ぶミッドサイズSUVランキングTOP3をギャラリーでチェック(25枚)画像ギャラリー

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

最新号

ベストカー最新号

ジムニー5ドアにGT-R2024年モデルとズラリ! 小山慶一郎さんも登場!! ベストカー2月26日号

ジムニー5ドアもGT-R 2024年モデルも、デリカミニも丸ごと載ってる「ベストカー」2月26日号、発売中。特集は「昨年登場した日本車たちの進化度」と「今年登場する日本車たちの期待と不安」。 キャンプ好き、NEWSの小山慶一郎さんのインタビュー記事もあります!

カタログ