次期フリード今年登場!! 最強王者シエンタを倒すために必要なのは…「お得感」と「??」

次期フリード今年登場!! 最強王者シエンタを倒すために必要なのは…「お得感」と「??」

 「5ナンバーサイズミニバン」という人気ジャンルで、ガチンコライバルの関係にある、トヨタ「シエンタ」とホンダ「フリード」。長年にわたって、一進一退を繰り返す熾烈な販売競争を繰り広げている両モデルだが、現在は、2022年8月に3代目へとフルモデルチェンジした、シエンタの販売が好調で、直近の2022年11月のデータを見てみると、フリード5,118台に対してシエンタは10,167台と約2倍の差がついている。

 フリードはモデル末期(今年モデルチェンジが予想されている)であるし、依然として半導体をはじめとした部品供給不足の影響が続く現在は、単純に販売台数を比較することはフェアではない。ただ、シエンタが新型となったいま、次期型フリードに求められることは、見えてくるはず。次期型フリードに必要なことを考えてみよう。

文:立花義人、エムスリープロダクション
写真:TOYOTA、HONDA、ベストカー編集部

「モビリオ」時代から安定した人気のフリード

 ホンダ「フリード」は、2001年に登場した、「モビリオ」の後継モデルだ。コンパクトミニバンとして初めて3列シート7人乗りを実現したモビリオは、5ナンバーサイズながら高い室内高や多彩なシートアレンジ、両側スライドドアなど、ミドルクラスミニバンと同等の使い勝手を実現、人気車種となった。

 その後2008年にフリードが登場。直線的で広いガラスエリアが特徴のモビリオから一転、走りの良さを表現したスタイリッシュなデザインとなった。シャープでワイドな形状のヘッドライトが精悍な表情を演出し、男性にも受け入れられやすいエクステリアだ。現行型のフリードは2016年にモデルチェンジした3代目。基本的にはキープコンセプトながら、高剛性プラットフォームや新しいメカニズムのパワートレインを採用するなど熟成を遂げ、ファミリー層を中心に安定した人気を得ている。

 今年の秋でデビューから7年を迎えること、そして現在の半導体不足による生産体制の混乱を考慮すると、前述の販売台数はむしろ健闘しているともいえるのだが、新型シエンタの勢いを見ると、次期型フリードの開発もなかなかハードルが高いだろうと推察される。

2001年登場のモビリオ(画像はマイナーチェンジ版)。5ナンバーサイズながらロングホイールベースと高い室内高、両側スライドドアでファミリーカーとして高い使い勝手を実現した
2001年登場のモビリオ(画像はマイナーチェンジ版)。5ナンバーサイズながらロングホイールベースと高い室内高、両側スライドドアでファミリーカーとして高い使い勝手を実現した

次ページは : 2代目の奇抜なデザインが功を奏した、シエンタ

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

最新号

ベストカー最新号

ジムニー5ドアにGT-R2024年モデルとズラリ! 小山慶一郎さんも登場!! ベストカー2月26日号

ジムニー5ドアもGT-R 2024年モデルも、デリカミニも丸ごと載ってる「ベストカー」2月26日号、発売中。特集は「昨年登場した日本車たちの進化度」と「今年登場する日本車たちの期待と不安」。 キャンプ好き、NEWSの小山慶一郎さんのインタビュー記事もあります!

カタログ