【高すぎる税金 ゴーン問題ほか】 豊田章男自工会会長 「走行課税は断固反対!!」


2018年12月20日、豊田章男 日本自動車工業会(自工会・JAMA)会長が記者会見を行い、今後進むべき自動車産業のあり方や税制改正大綱など、さまざまな論点について語った。

一般社団法人日本自動車工業会(自工会)は1967年に設立された自動車メーカー14社によって構成される団体だ。豊田氏は2018年5月から会長に就任している(2012年-2014年に次いで2度目の就任となる)。

豊田会長の会見はいつも歯切れがよく、また「建前ではなく本音を語っているな」と思わせてくれる。今後の自動車産業をどう牽引していくのか? その手腕に期待したい。

※本稿は2018年12月のものです
文:ベストカー編集部/写真:自工会ベストカー編集部
初出:『ベストカー』 2019年2月10日号


■「自動車産業そのものがモデルチェンジの途上」

「自動車産業はけっして成熟した産業ではなく、単に納税を生む存在ではない。『CASE』と呼ばれる電動化、自動化の技術を進めていけば、クルマは存在自体が社会システムの一部となり、暮らしを豊かにしていけると考えます。今まさに自動車産業そのものが、新しい産業にモデルチェンジしようとしており、現在は生みの苦しみに直面している」とコメント。

さらに「『CASE』が進めば、そのつながりのなかで、国境という概念は薄れ、地球規模になる環境問題などでわれわれのふるさとであるホームプラネットへの思いを持って考えていかねばならない」とした。

【CASEとは?】Connected(ネットとつながる)/Autonomous(自律自動運転技術)/Shared(カーシェアリングなどでの共有化)/Electric(電動化)の4つの柱を表わした言葉。

世界中の自動車メーカーと関連企業が今、「CASE」の主導権争いを繰り広げている。「100年に一度の大変革期」と呼ばれるなかで、2019年も何か大きな動きがあるのでは? と見られている

■ゴーン問題について

「直接のコメントは控えさせていただくが、日本企業として学ばなければならないのは、ガバナンス、倫理観に対しての問題提起だったと認識している。自動車産業は裾野が広くお客様の信頼があってこそ事業が継続できるので、私を含めて肝に銘じて行動していきたい」とした。

次ページは : ■自動車減税について

最新号

ベストカー最新号

【新型プリウス デザイン判明!!】 EVスポーツで「セリカ」復活|ベストカー6月10日号

 外出自粛が続く今、自宅で紙の「ベストカー」本誌を眺めるのもいいものです。本日5月10日発売のベストカー6月10日号、注目企画はトヨタのこの先のパワーユニット戦略を暴くスクープ。水素燃焼エンジンやe-FUELの開発状況にも迫ります。  その…

カタログ