今年登場!! 新型クラウンスポーツがSUVの流行りを変える!?? ただ唯一気になるのは……内装???

今年登場!! 新型クラウンスポーツがSUVの流行りを変える!?? ただ唯一気になるのは……内装???

 新生クラウン4バリエーションにおいて、先陣を切って登場した、新型「クラウンクロスオーバー」。最上級グレード「RS」では、走りの質感の高さと怒涛の加速力で、「新生クラウン」のポテンシャルの高さを示してくれた。

 こうなると、「スポーツ」と名がつく、今年2023年に登場予定の新型クラウンスポーツへの期待は大いに高まる。トヨタのスポーツSUVのトップに君臨するであろう新型クラウンスポーツ。新型クラウンクロスオーバーからみえる、新型クラウンスポーツの姿を想像しながら、期待と懸念について考えてみよう。

文:吉川賢一
写真:TOYOYA、Mercedes-BENZ

クラウンスポーツでは、後輪操舵機構がない可能性も

 本稿執筆時点(2023年1月中旬時点)、新型クラウンスポーツに関して分かっているのは、エクステリアデザインとボディサイズ程度だ。トヨタが公表している新型クラウンスポーツのボディサイズ(開発目標値)は、全長4710mm×全幅1880mm×全高1560mm、ホイールベースは2770mm。現在のトヨタラインアップでいえば、ハリアー(4740×1855×1660、WB2690)に近いサイズとなる。ちなみに、レクサスの新型RXが4890×1920×1695(全長×全幅×全高[mm])なので、クラウンスポーツは260mmも全長が短いことになる。

 すでに登場している新型クラウンクロスオーバーと比べると、全長マイナス220mm、全幅プラス40mm、全高プラス20mm、ホイールベースもマイナス80mm。ホイールベースがこれほど短いと、運動性能的にはだいぶ異なるキャラクターとなるはずで、回頭性に優れた、キビキビとしたハンドリング特性に寄っているだろう。

 また、最小回転半径も小さくなるので、クラウンクロスオーバーには標準搭載だったDRS(後輪操舵機構)は搭載されないかもしれない。そのぶん、クラウンクロスオーバーRSのみに搭載されていた電制ショック「AVS」(21インチタイヤでも乗り心地が抜群に良くなった)を、クラウンスポーツに標準採用するなどのサプライズがあることを期待したい。

 パワーユニットは未発表だが、すでに公表されているクラウンクロスオーバーと同様、デュアルブーストハイブリッドと従来のTHS-IIとなるのが濃厚なところではあるが、ひょっとすると、バッテリーEVも用意される可能性がある。ともかく、クラウンクロスオーバーとパーツを極力共用しながら、多くのバリエーションのパワーユニットを持つと予測している。

新型クラウンシリーズ。クロスオーバーに対してスポーツは、全長マイナス220mm、全幅プラス40mm、全高プラス20mm。ホイールベースマイナス80mmとなる。ワイドアンドローなスタイリングだ
新型クラウンシリーズ。クロスオーバーに対してスポーツは、全長マイナス220mm、全幅プラス40mm、全高プラス20mm。ホイールベースマイナス80mmとなる。ワイドアンドローなスタイリングだ

次ページは : エクステリアは申し分なし、ただインテリアには懸念が

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

最新号

ベストカー最新号

ジムニー5ドアにGT-R2024年モデルとズラリ! 小山慶一郎さんも登場!! ベストカー2月26日号

ジムニー5ドアもGT-R 2024年モデルも、デリカミニも丸ごと載ってる「ベストカー」2月26日号、発売中。特集は「昨年登場した日本車たちの進化度」と「今年登場する日本車たちの期待と不安」。 キャンプ好き、NEWSの小山慶一郎さんのインタビュー記事もあります!

カタログ