【旧車レストアの救世主になる!?】 クルマは3Dプリンターで再生できるのか?

トップの写真は、2014年に発見された、かのエルビス・プレスリー(1935年1月8日-1977年8月16日)の愛車「BMW507」を、3Dプリンターの技術を使って完全復活させたもの。レストアを手がけたのはもちろんBMWだ。

その詳細は下の番外コラムをお読みいただくとして、日産スカイラインGT-R、ホンダのタイプRなどなど、過去に一世を風靡した人気車でも、部品の生産が終了しているものは数知れず……。日本は旧車に優しくない国ではあるものの、やはり愛したクルマには長く乗りたいもの。

最近は樹脂部品だけでなく、金属部品まで3Dプリンターで造形が可能になってきた。本文でもご紹介しているが、2018年2月には、ポルシェが3Dプリンターを使って過去の名車たちの部品を出力、供給することを正式に発表、なんてことにまでなってきている。

そこで、一般のユーザーの3Dプリンターによる部品再生は可能なのか? どのような部品ならば再生産が可能なのか? などを調査してみた。旧車に明るい未来は、ひょっとしてもうすぐそこに来ているのだろうか?

※本稿は2019年1月のものです
文:ベストカー編集部/写真:AdobeStock、ベストカー編集部/取材協力:SOLIZE Products 株式会社
初出:『ベストカー』 2019年2月10日号


最新号

ベストカー最新号

次期シビックタイプRはハイブリッド化へ! 特集・ホンダ新車戦略|ベストカー11月26日号

 ベストカーの最新刊が本日発売! 最新号では、ホンダ近未来戦略の最新情報をお届け。  そのほか、新型MX-30、エクリプスクロスPHEV、新型レヴォーグ、新型ルーテシアなど注目車種の情報から、「予算別&目的別ベストカー選び」「新型BRZ一部…

カタログ