【旧車レストアの救世主になる!?】 クルマは3Dプリンターで再生できるのか?


■まとめ:個人で手軽にレストアできる時代がきっと来る!?

価格面、耐久性の面や生成のスピードなどの面では、まだまだ万人向けに販売できるところまでは来ていない3Dプリント技術。だが、着実に進歩はしているので、思ったよりも早く、国内でも旧車の部品再生が手軽にできる時代が来るかもしれない!!

●取材協力:SOLIZE Products 株式会社

国内で27年以上にわたり3Dプリント技術により、樹脂から金属までデジタルものづくりを行っているSOLIZE Products(ソライズプロダクツ)株式会社。

BtoB(企業間取引)の試作領域において、国内最大級の8台の3Dプリンターを保有。アルミ、ステンレス、インコネル、マレージング鋼、さらにはオリジナルの樹脂を開発することで幅広いニーズに応えている。

特殊車両や補給パーツなどの少量生産品において、実在庫を持たず、3Dデータから必要に応じて製造することができる。

個人向けにもINTER-CULTUREというブランドを立ち上げており、3次元CADデータを送って、作成を依頼することが可能。


【番外コラム】エルビス・プレスリーの愛車が3Dプリンターで復活!

「キング・オブ・ロックンロール」と呼ばれたエルビス・プレスリーが所有していたBMW 507が、BMWによって2016年にレストアされていた。

この車両は、エルビスが旧西ドイツで購入し、アメリカに持ち帰ったもので、長い間行方不明になっていたが、2014年に発見された。エンジンなどもない状態だったが、ストックのない部品などを写真やカタログを参考に3Dプリンターで作り出し、見事に復活させたという。

エルビス・プレスリーが亡くなったのが1977年8月だから、少なくとも40年は人知れず眠っていた計算になるBMW 507

ドライブハンドル、ドアハンドルなどを3Dプリント技術で再現したという

最新号

ベストカー最新号

日産が前へ動き出す! 日産スクープ総力特集!|ベストカー 7月10日号

本日、ベストカー7月10日号発売!!日産伝統のスポーツモデルの最新情報、セダン特集などをお届け。さらにランクル300の生写真も独占入手!!

カタログ