背面タイヤって安全性どうなの!? 一見よさそうだけど廃れたワケって?

背面タイヤって安全性どうなの!? 一見よさそうだけど廃れたワケって?

 すっかり廃れた背面タイヤ。SUVのリアにでかでかとスペアタイヤを背負っているアレだ。一見すると後ろからぶつけられた時なんか緩衝材になる気もするけど、あれどうなの!?

文:小鮒康一/写真:ベストカーWeb編集部

■当たり前だったのに……今やジムニーシリーズだけ

ランクルなど本格派モデルと同様に、今でいうクロスオーバーSUVのラシーンにすら背面タイヤが!!
ランクルなど本格派モデルと同様に、今でいうクロスオーバーSUVのラシーンにすら背面タイヤが!!

 ひと昔前ではSUVの象徴ともなっていた背面スペアタイヤ。そのアイコンさたるや日産のパイクカーでもあるラシーンや、スターレットをベースにSUV風の加飾をプラスしたスターレットリミックスなど、乗用車ベースのSUV“風”モデルにも、SUVっぽさをプラスするアイテムとして採用されていたほどだ。

 しかし、近年ではスペアタイヤを背負うSUVはすっかり少数派となり、キングオブオフローダーであるランドクルーザー300も背面スペアタイヤは採用していない。

 今や国産車で背面スペアタイヤを採用しているのはジムニーとジムニーシエラ程度というのが実のところとなっている。

■デメリットだらけだった!? 背面タイヤが衝撃を吸収することはほぼなし……

追突された際など、背面タイヤが緩衝材となりそうだが……
追突された際など、背面タイヤが緩衝材となりそうだが……

 このスペアタイヤを背中に背負うというスタイル、実はデメリットも少なくなく、それによって徐々に姿を消しているというのが実のところのようなのだ。

 例えば、後方から追突されてしまった場合など、空気の入っているタイヤがあるために衝撃を吸収してくれるような印象があるかもしれないが、スペアタイヤというのはタイヤだけでなくホイールも備わっている。

 そしてホイールというのは路面からの入力を直接受けるものであるため、かなり高い強度を誇っているのはご存知のことだと思うが、そんなホイールに向かって衝突したら、衝撃を吸収してくれるどころかより甚大なダメージを与えかねないのである。

 もちろん実際には背面スペアタイヤの車両にぶつかった方が被害は大きいということはないが、タイヤが衝撃を吸収してくれるということはあまり期待できないというのが正直なところだ。

■パンク修理キット台頭も影響大!! 走行性能にマイナス面も

 そしてもうひとつ、最近のモデルはスペアタイヤレスでパンク修理キットという車両が増えているが、これも背面スペアタイヤが減った理由のひとつと言える。

 スペアタイヤはいざという時にあると助かるものではある。が、ユーザーの多くはスペアタイヤのお世話になることなく車両を乗り換えているケースがほとんど。

 わざわざスペアタイヤを全車に搭載するのは、コスト面でもスペース面でも重量面でも歓迎しづらいものとなっているのである。

 さらにリアの最も後端に重たいスペアタイヤを装着するということは、言うまでもなく運動性能にマイナスな影響を与えてしまうので、そういった面でも背面スペアタイヤは嬉しくないアイテムというワケなのだ。

次ページは : ■ジムニー未だ採用のなぞ!! スペースが最大の要因か!?

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

最新号

ベストカー最新号

ジムニー5ドアにGT-R2024年モデルとズラリ! 小山慶一郎さんも登場!! ベストカー2月26日号

ジムニー5ドアもGT-R 2024年モデルも、デリカミニも丸ごと載ってる「ベストカー」2月26日号、発売中。特集は「昨年登場した日本車たちの進化度」と「今年登場する日本車たちの期待と不安」。 キャンプ好き、NEWSの小山慶一郎さんのインタビュー記事もあります!

カタログ