新型プリウス最短2カ月で納車!? 狙い目はXグレード!!

新型プリウス最短2カ月で納車!? 狙い目はXグレード!!

 バカ売れの予感しかしないトヨタ 新型プリウス。発売前から納車はきっと長いだろう……と予想されていたが、最短2カ月で納車できる可能性が出てきた。トヨタディーラーに聞いた実情を大暴露!!

文:小鮒康一/写真:ベストカーWeb編集部

■当初は年内納車不可だったが……トヨタが本気出してきた!!

最上級グレードは12.3インチモニターが標準だが、他のグレードは8インチディスプレイが装備
最上級グレードは12.3インチモニターが標準だが、他のグレードは8インチディスプレイが装備

 2023年1月に発売となった新型プリウス。ハイブリッドカーが一般的となってきた昨今、プリウスに新たな価値を与えるためにスポーツカーに匹敵する動力性能や低いシルエットを採用。その大幅な変更によって従来のプリウスユーザー離れも危惧された。

 だが、フタを開けてみれば予約注文も殺到し、すでに今からの注文では2023年内の納車は不可能と言われるほどになっていたのだ。しかし、正式発表から1カ月余りが経過した今、納期情報が大きく変わってきているようなのである。

■2Lモデルも年内納車が可能!? 狙うはGグレードだ

ダントツ人気は最上級グレードのZ。デビュー当初は最上級モデルに人気が集まる傾向にあるが、新型プリウスも同様!!
ダントツ人気は最上級グレードのZ。デビュー当初は最上級モデルに人気が集まる傾向にあるが、新型プリウスも同様!!

 新型プリウスのキモはなんといっても2Lに拡大されたパワートレインだろう。2Lモデルには最上級グレードとなる「Z」と、普及グレードの「G」という2グレードが用意されている。

 この中で、Zグレードは12.3インチのディスプレイオーディオやパワーバックドア、アドバンストパーク機能などを備えたトヨタチームメイトなど、他グレードでは選択できない装備を多く採用。先行受注の時点では断トツの人気を誇るグレードとなっている。

 そのため、Zグレードを選択すると現在では2023年中の納車は厳しい状態となっているのは変わっておらず、場合によっては更なる納期延長の可能性も出てきているとのこと。

 その一方でGグレードはZグレードへの注文が集中したことで、当初の予定よりも注文数が少ないという状況になっているようだ。その結果、納期が短縮傾向にあり、当初年内の納車は厳しいとされてきたすでに注文済みのユーザー分も、秋口の納車への納期の短縮が図られている。

 今後の状況は引き続き余談の許さない状況であることは変わりないが、Gグレードであればこれからの注文でも年内納車が可能となるかもしれないと話す首都圏に店舗を構えるトヨタディーラーも存在している。

次ページは : ■1.8Lモデルは圧倒的に早い!! ビジネス用のXは最短2カ月で納車

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

最新号

ベストカー最新号

ジムニー5ドアにGT-R2024年モデルとズラリ! 小山慶一郎さんも登場!! ベストカー2月26日号

ジムニー5ドアもGT-R 2024年モデルも、デリカミニも丸ごと載ってる「ベストカー」2月26日号、発売中。特集は「昨年登場した日本車たちの進化度」と「今年登場する日本車たちの期待と不安」。 キャンプ好き、NEWSの小山慶一郎さんのインタビュー記事もあります!

カタログ