なぜスバルe-BOXERの評判はこんなにいいのか??【AWDの信頼性×HVの緻密な制御】


■もちろん燃費もよく、高速巡航も楽しい

 XVアドバンスも同じe-BOXERを採用するが、印象はフォレスターと微妙に違っていた。XVのほうが軽量ボディだから、モーターアシストの恩恵が分かりやすいのだ。小さなモーターでも発進加速は驚くほどパンチがある。慣れてくれば40km/hくらいまでモーターが無理なくアシストしてくれた。

スバル車らしく「走りの楽しさ」を前面に押し出す制御となっているところも好評の要因

 ステアリングの右側に設けられたECO-Cボタンを押せば、モーター走行の領域を広げることができる。高速道路の下り勾配でアクセルを閉じると80km/hを超えてもモーター走行を続けるなど、新鮮な運転感覚だ。

 e-BOXERはもちろん燃費向上にも大きく寄与する。

 XVアドバンスで山梨県の河口湖から都内まで走ったが、下り坂が多かったこともあり、車載の燃費計は20km/Lオーバーを記録した。

 モーターを上手に使う、ゲーム感覚の運転も愉しい。フォレスターを含め、静粛性も1クラス上のレベルにある。だからロングドライブしたときでも疲れにくいだろう。

 e-BOXER搭載のフォレスターとXVは、水平対向エンジン、シンメトリカルAWD、モーターとバッテリーの最適配置などにより、優れた重量バランスと低重心を実現している。だから一体感のある、素直なハンドリングを披露した。狙ったラインに無理なく乗せることができ、コントロールできる領域も広い。

高速道路でもワインディングロードでも意のままの気持ちいい走りを楽しめる。背の高いフォレスターであっても運転するのが愉しい。

 意外だったのは、e-BOXER搭載のフォレスターとXVのほうがスバルグローバルプラットフォームのよさを感じやすかったことだ。モーターとバッテリーを積んだことによって増えた車両重量が、新世代プラットフォームとの相乗効果によって上質な乗り味を生み出している。路面の凹凸や継ぎ目などのショックを上手に受け流し、後席に座っても快適だった。

■「アイサイト」との相性も抜群

 もうひとつの発見は、スバル独自の運転支援システム、アイサイトとの相性がよかったことだ。追従クルーズコントロールは、前走車の走り方によって加減速を繰り返し、一定の距離を保って走行する。モーターがアシストするe-BOXERは再加速が俊敏だ。タイムラグは最小だから、上り勾配でも軽やかに加速していく。

 また、e-BOXERは滑りやすい雪道も苦にしない。

雪上や氷上などの悪路でも大いに「強み」を発揮するe-BOXER。楽しさや省燃費性能も高いが、安全装備としても信頼感が高い

 フォレスターとXVは、優れたトラクション性能を誇るアクティブトルクスプリット方式のAWDを採用するだけでなく、ヒルディセントコントロールなどを組み込んだX-MODEも搭載する。シンメトリカルAWDは滑りやすい路面でも絶大な安心感があり、コントロール性も群を抜く。モーターアシストを加えたe-BOXERは、圧雪路面だけでなくスリッピーなアイスバーンでも優れたグリップ感を見せ、滑ったときの修正もしやすい。

 トラクション、コーナリング、安定性などを緻密に4輪制御し、余裕ある走りを楽しめる。e-BOXERの採用により、フォレスターとXVは新しい魅力を手に入れた。

 まとめると、もともと評価が高く評判のよかったスバルのAWDに、e-BOXER(マイルドハイブリッド)の緻密な制御が加わったことで(もともと買い得感が高いこともあって)多くのコアユーザーだけでなく新規ユーザーも興味を持ち始め、スバル製AWDの評価がさらに高まった、ということだろう。