トレードマークは百獣の王ライオン!! 世界初の実用ディーゼルエンジンを開発したドイツの老舗「MAN」とは?【世界のトラック】

トレードマークは百獣の王ライオン!! 世界初の実用ディーゼルエンジンを開発したドイツの老舗「MAN」とは?【世界のトラック】

 世界各国のトラックをメーカーごとに紹介する「世界のトラック」。今回はルドルフ・ディーゼル博士とともに世界初の実用ディーゼルエンジンを開発したドイツのMANをピックアップ。2020年2月に20年ぶりとなるフルモデルチェンジを果たした同車の新世代トラックシリーズの特徴を、多賀まりお氏が詳しく解説する!!

文/多賀まりお
写真/MAN

中大型トラックを20年ぶりにフルモデルチェンジ

20年ぶりにフルモデルチェンジしたMANの新世代トラックシリーズ
20年ぶりにフルモデルチェンジしたMANの新世代トラックシリーズ

 「マシネン-ファブリーク・アウグスブルグ・ニュールンベルグ」の略称であるMAN(マンではなくエメェーエンヌと表音するようです)は、ルドルフ・ディーゼル博士とともに世界初の実用ディーゼルエンジンを開発したエンジンメーカーの老舗。

 ドイツではダイムラーに次ぐ2番目のシェアを有し、現在はスカニアとともにフォルクスワーゲン傘下の商用車グループ「TRATON(トレイトン)」の一員だ。2020年2月には、20年ぶりとなる中大型トラックシリーズのフルモデルチェンジを実施。新世代モデルシリーズとして発表した。

 新世代シリーズは、現行車と同じく4つのモデルで構成され、GVW18〜41tの大型車がフラッグシップの「TGX」と汎用の「TGS」、中大型のセグメントをカバーするのはGVW12〜26tの「TGM」と、7.5〜12tの「TGL」という陣容。このうちTGMとTGLの生産はオーストリアのシュタイア社が担当している。

 内外装を一新したキャブは、モジュラー設計による8種類を擁し、TGX系以外は2.3m幅。2.5m幅はすべてトンネル段差約80mmのスリーパーキャブで3種類のルーフ高を設定。2.3m幅はスリーパーのほか、デイキャブ、ショートキャブ、さらにダブルキャブも用意するが、トンネル段差は約250mmと大きくなる。

 15.2Lから4.6Lに至る広範なエンジンラインナップは、19年に最新の排ガス規制ユーロVIdへの適合を発表したもの。一部の車型はトレイトンが共有するスカニア製12段AMTを使用する。新型はキャブの空力向上、オートクルーズのGPS予測制御などの効果で最大8%の燃費向上をもたらすとしている。

●TGX
 現在のフラッグシップであるTGX。主力は12.4LのD26型エンジン搭載の長距離輸送用セミトラクタだが、540〜640PSを発揮する15.2LのD38型エンジンによって大量高速輸送や重量物輸送にも対応。内外装を一新したキャブは、スリーパーキャブのみで2種類のハイルーフと標準ルーフを設定。空力性能の向上と、GPSと3次元マップによるAMTの予測制御「エフィシエントクルーズ」をはじめとする制御系の改良で最大8%の燃費向上を実現したという。

●TGS
 GVW18〜41tの汎用シリーズ。エンジンはTGXと同じ馬力展開のD15型とD26型の2系列から選べる。長距離輸送用から本格的なオフロード特装系まで守備範囲は広く、2軸〜4軸車のそれぞれにオンロード用後軸駆動と前軸を油圧駆動する機構「MANハイドロドライブ」による総輪駆動、さらにメカニカルな総輪駆動の3種類を用意している。キャブはスリーパー付きハイ/標準ルーフのほか特装向けにTGS専用のデイキャブも設定する。

●TGM
 GVW12〜26tをカバーするTGMは日本でいう中大型の中間車型。都市部の近距離配送のほか欧州では塵芥車もこのセグメントで、2/3軸車のほか2軸の総輪駆動車も用意する。キャブの設定は幅広く、TGS系の最大サイズと同じ2.3m幅のスリーパー付きハイルーフからTGLと同じコンパクトな前後長1585mmのショートキャブまで、ダブルキャブを含めれば4タイプが揃う。エンジンは6.9LのD08型で250/290/320PSの出力仕様を擁する。

●TGL
 もっともコンパクトなTGLはGVW7.5〜12t。エンジンはD08型の4気筒版(160/190/220PS)と6気筒版の低馬力仕様(250PS)を設定する。キャブの展開はTGMと同じだが、17.5/19.5インチのタイヤサイズと狭いトレッドに合わせてフェンダー〜バンパー周りの造形が異なっている。キャブの搭載高さも低く、乗降用のステップは1段のみ。TGMに比べて同じ2.3m幅でもキャブが大きく見えるのは日本の中型車のワイドキャブと同じだ。

●TGE
 2017年に登場したフォルクスワーゲン「クラフター」のOEM車両。同車とはフロントグリルなどが異なる。GVW3.0〜5.5tをカバーするバン/トラック(シャシーキャブ)車型で100〜177PSの2.0Lディーゼルと6段MTもしくは8段ATを組み合わせる。

【画像ギャラリー】小型〜大型まで幅広く展開!! MANの最新ラインナップをチェック!!(8枚)画像ギャラリー

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

最新号

あのトヨタスターレットが再び公道に舞い降りる!? 日産×ホンダ協業分析など新社会人も楽しめるゾ「ベストカー5月10日号」

あのトヨタスターレットが再び公道に舞い降りる!? 日産×ホンダ協業分析など新社会人も楽しめるゾ「ベストカー5月10日号」

トヨタの韋駄天が覚醒する! 6代目NEWスターレットのSCOOP情報をはじめ、BC的らしく高級車を大解剖。さらに日産・ホンダの協業分析、そして日向坂46の富田鈴花さんがベストカーに登場! 新社会人もベテランビジネスマンまで、誰もが楽しめるベストカー5月10日号、好評発売中!