スイスポは燃費まで高コスパ? リッター18kmオーバーは当然よ!! オーナーだからわかるスイフト買いポイント5選

スイスポは燃費まで高コスパ? リッター18kmオーバーは当然よ!! オーナーだからわかるスイフト買いポイント5選

 コスパ最強とも言われているスズキ スイフトスポーツ。1トン切の超軽いボディに1.4リッターターボエンジンと聞くだけでワクワクするスペックでもある。だが、これ本当に買いのクルマなのか!? 愛車として使用中の筆者がオーナーでしかわからない魅力を5つ紹介!!

文、写真/奥野大志(Team G)

■超パワフルで意外と静か!? 高速移動もとにかくラク

ターボチャージャーとブーストを制御するアクチュエーターが目を引くK14C。ターボならではのトルクが全域で味わえる
ターボチャージャーとブーストを制御するアクチュエーターが目を引くK14C。ターボならではのトルクが全域で味わえる

 スイスポはエンジン(K14C型)がパワフルだから本当に速い。そのためステージを問わず、ファンな走りを楽しむことができるが、ゆっくり走っていても、その恩恵に預かることも。

 それは高速走行時のエンジンの静かさ。アクセルを強く踏み込まなくても、車線の流れをリードすることができるので、車内が非常に静か。

 マフラーからスポーティな排気音が聞こえてくるが、快適性を損なうものではない。100km/h巡航時のエンジン回転数は2100rpmほど。エンジンルームからエンジンのノイズが入ってくることもない。

■先進装備も充実!! 新東名の120km区間も超快適に

 スイスポにはスズキセーフティサポート(メーカーオプション)のひとつ、アダプティブクルーズコントロール(ACC)が装備されている。コチラは120km/h+αまで使うことができ、とにかく便利。新東名や東北道の120km/h制限区間で快適な半自動クルージングを楽しむことができるのだ。

 車線逸脱抑制機能(ステアリング制御)も装備されており、ACCと同様、120km/h+αまで使うことができる。

 あくまで“抑制”なので、白線をトレースする機能はないが、不満を感じることはない。スイスポのGT(グランツーリスモ)性能の高さには本当に驚かされる。

■隠れた積載スペース!? シート下の空間に荷物が入る

エマージェンシーの積載スペースとして重宝するシート下スペース<br>
エマージェンシーの積載スペースとして重宝するシート下スペース

 コンパクトカー相応の積載性を持っており、日常ユースに対応することができるが、これ以上積めないという時に重宝するがシート下の空間!! 積載スペースではないが、両足がすっぽり入るぐらいの広さがあり、エマージェンシーのラゲッジスペースとして活用することができるのだ。

 私は背の低いトレーを置き、普段はあまり使わない小物類の収納に使用。天地の高さはあまりなく置けるものは限定されるが、ペットボトルやサンダル、衣類などを置くのにピッタリ!! スイスポの積載性は荷室の寸法や小物入れの数だけで計ることはできないのだ。

次ページは : ■エンジンスタートスイッチがドア側にあるのはマジ便利

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

最新号

新型MR2の確定情報、入電! ポルシェ911ダカール、クラウン”ランドスケープ”など激アツ車種勢ぞろい【ベストカー8月10日号】

新型MR2の確定情報、入電! ポルシェ911ダカール、クラウン”ランドスケープ”など激アツ車種勢ぞろい【ベストカー8月10日号】

SCOOP班も驚き! MR2とセリカに新情報が続々! SUV選びに悩む人もこの一冊を読めばすべて解決!? 酷暑を吹っ飛ばすほどのニューカー情報盛りだくさんです!