スズキvsダイハツ コンセプトカー&特装車 面白いのはどっちだ!!


量産車メーカーとして長く存在し続けてきたスズキとダイハツ(スズキは1909年、ダイハツは1907年創業。ダイハツは量産車メーカーとして長い最も歴史を持つ会社だ)。

軽自動車としての雄としての両者の活躍はもちろんのこと、そのガチンコ勝負の舞台は東京モーターショー(TMS)、ケータリングカーのように特定の職域における使いやすさを追求した「特装車」の分野にまで及ぶ。

そこで今回は、東京モータショーのコンセプトカーと特装車たちからピックアップし、両社がしのぎを削って積み上げてきたその歴史を垣間見てみたい。

こうしてみると、両社がいかに使う人の生活を考え試行錯誤しているかがわかるし、その帰結として軽自動車という分野で今の地位を築き上げたのは必然だったんだなという思いも新たになる。

※本稿は2019年2月のものです
文:ベストカー編集部/写真:ベストカー編集部
初出:『ベストカー』 2019年3月10日号


■東京モーターショー(TMS)で披露された個性的なショーモデルたち

各メーカーが2年ごとに威信をかけて製作するコンセプトモデル。そんな“作品”ともいえるショーモデルのなかから、ここではベストカーが選んだ個性派を両社5台ずつ紹介したい。

振り返ってみると、スズキは2011年から現在人気モデルとなっているコンパクトSUVモデルを立て続けに出展。対するダイハツは、クルマにプラスアルファの要素を持たせた、実用性に重きを置いた車両が多い傾向であることがわかる。

■TMSコンセプトカー・スズキ編

●スズキ レジーナ(2011年 東京モーターショー)

800ccの直噴ガソリンターボを搭載し、32km/Lという低燃費を実現。デザインと緑色のカラーリングも相まって、まるでカエルのようだった。

●スズキ エアトライサー(2015年 東京モーターショー)

どことなく提携していたフォルクスワーゲンのクルマに見えなくもないデザイン……。ラウンジでくつろぐようにリラックスできるシートレイアウトがウリだった。市販化を期待する声は多かったが叶わず。

●スズキ エックス・ランダー(2013年 東京モーターショー)

レンジローバーのイヴォークコンバーチブルが発売される前だったので、これを市販化していたら、間違いなく世に衝撃を与えただろう。ん~、惜しい。

●スズキ イー・サバイバー(2017年 東京モーターショー)

スズキはオープントップのSUVが好きなようだ。ジムニーの近未来版といったデザインのEVだが、電動化が進めば「こうなるんじゃない?」という現実味を感じさせる。

●スズキ マイティデッキ(2015年 東京モーターショー)

名前もデザインも「マイティボーイ」を確実に意識したであろう1台。デザイナーの遊び心を感じさせるが、正直市販化されても、4人乗りであっても実用性は微妙だっただろう……。

次ページは : ■コンセプトカー・ダイハツ編

最新号

ベストカー最新号

【新型ランクルプラド 来年夏登場】新型86&BRZ初試乗!!|ベストカー8月26日号

本日、ベストカー8月26日号発売!! ランクルプラド、アルファードの次期型最新情報から、新型86&BRZ初試乗、シボレーコルベット公道初試乗など盛りだくさんの内容でお届けします!

カタログ