ついに! ついに!! 買い頃到来!!! 現行ジムニーシエラの得する買い方と損しない売り方

ついに! ついに!! 買い頃到来!!! 現行ジムニーシエラの得する買い方と損しない売り方

 2018年のデビューから5年が経過するいまも高い人気を誇る、現行ジムニーシエラ。コロナ禍以前のデビュー当初から長い納車待ちが発生していたジムニーシエラだが、現在もやはり1年ほどは納車待ちをしなければならない状況のようだ。

 軽規格のジムニーよりも少し大きく、排気量も大きいジムニーシエラは、そのぶん、コンパクトながらも堂々した風格を持ち合わせ、個性的なエクステリアも手伝って、街中を走行していてもぱっと目を引く存在感が魅力。長い納車待ちなんて耐えられないけど、ジムニーシエラに乗りたい!! という方に向けて、賢い買い方、得する売り時についてご紹介しよう。

文:吉川賢一
写真:SUZUKI

高いリセールを狙うならば、「XC」の4速AT車を選ぶべし!!

 現行型であるJB74ジムニーシエラは、上級仕様の「JC」と、ミドル仕様の「JL」の2グレード構成。それぞれに5速MTと4速ATが設定されており、全車4WD設定となる。車両税込価格は、JC 4ATが208万円、JL 4ATが196万円だ(2023年4月中旬時点。5MTはそれぞれ約10万円安い)。

 売れ筋グレードは、JCの4AT車だ。JCには、オートレベリング付LEDヘッドランプやヘッドランプウォッシャー、16インチアルミホイール、クルーズコントロール、ステアリングオーディオスイッチ、助手席バニティミラーなどが装備されている。インテリアにも、本革巻ステアリングホイールやステアリングオーディオスイッチ、メッキ加飾(インサイドドアハンドル等)が装備されるなど、充実したグレードとなっている。

 12万円ほど安いJLになると、ホイールはスチールホイールに、ステアリングホイールもウレタンになり、インテリアのメッキ加飾が無くなりプラスチックむき出しになったりと、コストダウンの痕が目立つ。カスタマイズのベース車にするといった改造目的がないのであれば、高いリセールを狙うためにも、JCのAT車を選んでおきたいところだ。

JB74ジムニーシエラの上級グレード「JC」は、4ATが税込208万円、5MT車が198万円。高いリセールを狙うならば、JCを選ぶのがテッパンだ
JB74ジムニーシエラの上級グレード「JC」は、4ATが税込208万円、5MT車が198万円。高いリセールを狙うならば、JCを選ぶのがテッパンだ

次ページは : 低年式でも相場は高いが、狙うは2022年7月以降の後期型

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

最新号

ベストカー最新号

GR86の4ドアモデル、出る!! 三菱トライトンを雪上初テスト! 注目情報を満タンでお届け「ベストカー3月10日号」

新型スズキスイフト、レクサスLBXなど注目の新型車が続々登場! 「ベストカー3月10日号」! 今年も名物企画「雪上テスト」開催! 三菱トライトンの実力をいち早く丸裸にしたぞ!