元祖骨太SUV!! スバルフォレスターがいい!! 超いい!!! 狙い目と賢い売り方&買い方

元祖骨太SUV!! スバルフォレスターがいい!! 超いい!!! 狙い目と賢い売り方&買い方

 2018年6月に登場した、現行スバル「フォレスター」は、剛性と強度に優れたSGP(スバルグローバルプラットフォーム)の採用や、安心感の高いシンメトリカルAWD、そして悪路にめっぽう強いX-MODEなど、最先端のスバル独自のメカニズムがぎっしりと詰まった、男前な骨太SUVだ。

 とにかく耐久性が高いので、長く乗れる一台として、日本のみならず海外(ロシアやケニア等)で大人気となっており、中古フォレスターは、過走行車であっても高値で取引されている。スバルが誇る骨太SUVに一度は乗りたい!! という方に向け、賢い買い方、得する売り時についてご紹介しよう。

文:吉川賢一
写真:SUBARU

高いリセールを狙うならば、e-BOXERの「アドバンス」を選ぶべし!!

 現行であるSK系フォレスターは、2.0L水平対向NA+モーター(e-BOXER)の「ツーリング」「Xブレイク」「アドバンス」と、1.8L水平対向ターボの「スポーツ」「STIスポーツ」(2022年8月追加)という5つのグレードをもち、駆動方式は全車AWD、トランスミッションはリニアトロニック(無段変速機)だ。車両税込価格は、e-BOXERが299~323万円、1.8ターボが335~363万円となっている(2023年4月中旬時点)。

 デビュー当初は2.0Lと2.5Lの水平対向NAエンジンもあったが、2020年10月に、2.0LのNAはe-POXERに(SK9→SKE)、2.5L NAは1.8Lターボへ(SK9→SK5)それぞれ変更となっている。また、2021年8月のマイナーチェンジにおいて、ヘッドライト、グリル、バンパーデザイン、アルミホイールデザインを変更に加えて、アイサイト改良やオプションのルーフバーにシルバー加飾追加などが実施されている。

フォレスター後期型。2021年8月のマイナーチェンジにて、ヘッドライト、グリル、バンパーデザイン、アルミホイールデザインを変更、またアイサイト改良やオプションのルーフバーにシルバー加飾追加を実施
フォレスター後期型。2021年8月のマイナーチェンジにて、ヘッドライト、グリル、バンパーデザイン、アルミホイールデザインを変更、またアイサイト改良やオプションのルーフバーにシルバー加飾追加を実施

 売れ筋グレードはe-BOXERの「アドバンス」だ。アドバンス専用の18インチアルミホイールや、高触感革ステアリングホイール、アルミパッド付スポーツペダル、本革シート(ナッパレザー)、運転席&助手席8ウェイパワーシート、インパネやセンタートレイ加飾のアルミ調&表皮巻(シルバーステッチ)、前後バンパーガード(シルバー加飾付)のほか、オプションで大型サンルーフ、ドライバーモニタリングシステム(ジェスチャーコントロール機能付)などが備わる豪華仕様であり、これを選んでおけば間違いはない。高いリセールを狙うためには人気グレードを選んでおくことは、クルマを購入する際には覚えておきたいこと。現行フォレスターならば、e-BOXERの「アドバンス」だ。

売れ筋グレードはe-BOXERの「アドバンス」。高いリセールを狙うならば、最人気グレードを選ぶのがテッパンだ
売れ筋グレードはe-BOXERの「アドバンス」。高いリセールを狙うならば、最人気グレードを選ぶのがテッパンだ

次ページは : いまなら高年式のモデルを手頃な価格で見つけることができるはず

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

最新号

ベストカー最新号

GR86の4ドアモデル、出る!! 三菱トライトンを雪上初テスト! 注目情報を満タンでお届け「ベストカー3月10日号」

新型スズキスイフト、レクサスLBXなど注目の新型車が続々登場! 「ベストカー3月10日号」! 今年も名物企画「雪上テスト」開催! 三菱トライトンの実力をいち早く丸裸にしたぞ!