譲り合いの心が「ありがた迷惑」になることも!? 親切心が仇とならないための基礎知識

譲り合いの心が「ありがた迷惑」になることも!? 親切心が仇とならないための基礎知識

 交差点で右折待ちをしていると、対向車がパッシングして急減速した。「道を譲ってくれたんだな、ありがとう!」と右折開始したら、道を譲ってくれた対向車の左後方からオートバイが直進してきて衝突! 「譲ってくれたのだから早く行かなくては!」という意識から注意力が散漫になり、結果……事故に至る。

 こういった事例を「サンキュー事故」と言う。善意で譲ったつもりが事故に……を防ぐために知っておきたいこととは?

文/今坂純也(DIRT SKIP)、写真/写真AC、イラストAC、国土交通省「道路標識一覧」

譲ってあげる心遣いが仇に…サンキュー事故を防ぐためには?

譲り合いの心が「ありがた迷惑」になることも!? 親切心が仇とならないための基礎知識
道を譲る側はバイクなどが後ろにいないかをしっかり確認し、危険と感じたら安易に道を譲らないこともサンキュー事故を防ぐことにつながる

 冒頭のサンキュー事故、学生時代にオートバイの立場で事故に遭ったことがある。

 私はなぜ対向車がいきなり右折してきたのかわからなかった。ドライバーに聞くと、「道を譲られたのでつい急いでしまって……」とのことだった。

 また、こちらがオートバイだったことも不運だ。交通事故総合分析センターによると、オートバイはクルマの2倍見られにくいと分析している。これは、オートバイのほうが小さく、他車の陰や物陰に入ることが多いうえ、クルマより手前にいても目立たないからだという。

 上記はサンキュー事故の典型的な例だが、まったく同じシーンで他の事故が起きる要素はある。

 例えば……

1.譲られた右折車に続いてその後続車までも右折してきて、道を譲ったクルマに追突
2.右折車に道を譲ろうと急減速したクルマに、前車の急減速に気づくのが遅れた後続車が追突
3.左の路地にいたクルマが「右から来るクルマが譲ってくれた」と勘違いして発進。右折してきたクルマと追突

 そもそも右折車に道を譲らなければ間違いなく事故は起きない。だが、対向車線が渋滞している場合や、長く右折待ちをしているのがわかると、相手に道を譲りたくなるもの。よって、こんなサンキュー事故を防ぐために、譲る側としては特に次の2点に注意したい。

1.右折待ちのクルマにパッシングなどで合図をする前に、左側サイドミラーで左後方から後続車、特にオートバイや自転車なども来ていないかを確認

2.自車の真後ろに急接近しているクルマやオートバイなどがいないかを確認

 上記2点を確認して、少しでも危険を感じたら無理に譲らずそのまま進行すべきだろう。

次ページは : 譲られても、譲ってもダメ? 優先道路を知っておこう

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

最新号

トヨタセリカ復活計画、始動!? 新型ホンダフリードの獲れたて新情報も盛りだくさん!【ベストカー6月10日号】

トヨタセリカ復活計画、始動!? 新型ホンダフリードの獲れたて新情報も盛りだくさん!【ベストカー6月10日号】

トヨタ自動車の壮大なるBIGネーム復活計画の第四弾は……なんとトヨタセリカ!? 新型ホンダフリードの注目情報や、レーシングドライバー岩佐歩夢選手の新旧ホンダスポーツカー試乗など、GW明けから全力投球な企画だらけです!