元祖スポーツSUV!! かつての王者C-HR中古がいまこそ狙い目!! 得する買い方、賢い売り方

元祖スポーツSUV!! かつての王者C-HR中古がいまこそ狙い目!! 得する買い方、賢い売り方

 2016年12月に日本登場となった、トヨタの小型クロスオーバーSUV「C-HR」。登場するやいなや人気が急騰し、2017年には年間登録台数11万台強を記録、翌2018年も7万台強が売れるなど、コンパクトSUV市場を引っ張ってきたモデルだが、2023年7月下旬をもって生産終了となる旨が発表されている。

 (※ベストカー本誌編集部には「2023年9月に次期C-HRが準備されている」という情報も入ってきております)

 この生産終了の発表を受け、C-HRの中古車相場に変化が起きている。「C-HRを安く購入したい!!」という方に向け、C-HRに賢く乗るワザをご紹介しよう。

文:吉川賢一
写真:TOYOTA

とにかくハイブリッド車を選ぶべし!! そのうえで最上級「G」であればなお良し!!

 C-HRのパワートレインは、1.8L直4ガソリン+モーターのハイブリッドモデルと、1.2L直3ターボモデルの2種類。グレードは最上級の「G」(ガソリンはG-T)とその下の「S」(ガソリンはS-T)、そして「S GR SPORT」(ガソリンはS-T GR SPORT)の構成だ。駆動方式は、ハイブリッドがFFのみ、ガソリン車はFFと4WDを設定。なおガソリン車には、SUVには珍しい6速マニュアルトランスミッション車も用意されている。

 C-HRは、2019年10月にマイナーチェンジをしており、ヘッドランプとリヤコンビネーションランプのデザイン変更したほか、1.2L直噴ターボエンジンに6速MT仕様を追加し、ガソリン車・ハイブリット車の両方に「GR SPORT」追加、8インチディスプレイオーディオを標準装備するなど、ガラッと変わっている。車両価格は、ハイブリッドモデルは、税込275~315万円、ガソリンモデルは239~282万円だ(2023年4月末時点)。

 中古車の流通に詳しい中古車買い取り業者によると、C-HRの売れ筋グレードは、ハイブリッドの最上級グレード「G」だそう。18インチアルミホイールや、Bi-Beam LEDヘッドランプ&ターンランプ、ハイグレードリアコンビネーションランプ(シーケンシャルタイプ)などが標準装備される仕様だ。ひとまずこれを選んでおけばC-HRの魅力を余すことなく体験できるはずだ。できれば、2019年10月のMC以降の後期型を選びたい。

 GR SPORTシリーズや特別仕様車のMode-Neroシリーズであっても、検討の前提はハイブリッド車がおススメ。中古車市場で需要がより高いのはハイブリッド車のほうなので、いいリセールを期待するならば、やはりハイブリッド車を選んでおいてほしい。

2019年10月にマイナーチェンジをしたC-HR。大々的な改良が施されている
2019年10月にマイナーチェンジをしたC-HR。大々的な改良が施されている
インテリアはスポーティかつシックなつくりとなっている
インテリアはスポーティかつシックなつくりとなっている

次ページは : C-HRの中古車価格は今後下落するため、下がってから買うべし!!

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

最新号

ベストカー最新号

GR86の4ドアモデル、出る!! 三菱トライトンを雪上初テスト! 注目情報を満タンでお届け「ベストカー3月10日号」

新型スズキスイフト、レクサスLBXなど注目の新型車が続々登場! 「ベストカー3月10日号」! 今年も名物企画「雪上テスト」開催! 三菱トライトンの実力をいち早く丸裸にしたぞ!