熟成極めたCX-5!! デビュー7年目も今買ってもいいのか!?

熟成極めたCX-5!! デビュー7年目も今買ってもいいのか!?

 モデルチェンジから時間が経ったクルマは「モデル末期」と呼ばれ、その響きにはネガティブな印象が含まれている。しかしそれは熟成され「完成形」となったともいえる。ここではそんな「熟成車」として2017年発売のマツダ CX-5をご紹介!!
※本稿は2023年4月のものです
文/渡辺陽一郎、写真/MAZDA、ベストカー編集部
初出:『ベストカー』2023年5月10日号

■認定熟成車/マツダ CX-5

マツダ CX-5
マツダ CX-5

・現行型登場:2016年12月15日
・熟成期間:6年4カ月

●完熟への足跡
・2016年12月15日 デビュー
・2018年2月8日 ガソリン1ps、ディーゼルを15psパワーアップ
・2020年12月10日 ディーゼルを10psパワーアップ(発生回転数引き下げ)
・2021年11月8日 フレームに減衰構造採用。スプリング&ダンパー特性改良

■頻繁な改良で魅力をキープ

 CX-5は2.2Lクリーンディーゼルターボなど走行性能に力を入れる。価格もミドルサイズSUVでは割安で、登録台数も多い。

 2016年末にデビューし2018年2月には早くも改良を実施して動力性能を向上させた。ディーゼルが注目され、最大トルクを従来の42.8kgmから今と同じ45.9kgmに高めた。

 同じ2018年の10月には、再び改良を行い、2.5Lガソリンターボを加えて安全装備も充実。綿密な改良は好ましいが、半年で変わると、ユーザーも「いつ買えばいいのかわからない」と戸惑っていた。

 2019年の改良では、悪路で駆動力の伝達効率を高めるオフロード・トラクション・アシストを4WDに採用。空転するホイールにブレーキを作動させ、立ち往生を防ぐ。

 2020年にもディーゼルの最高出力を200psに高めた。ガソリンを含めて、アクセル操作による細かな駆動力の調節が容易になった。センターディスプレイの画面もユーザーのニーズに合わせて拡大している。

 2021年にはフロントグリルの形状を刷新させ、ボディに減衰構造を組み込み、足回りの特性も見直した。シートフレームの取り付け剛性も向上している。2022年には塗装も進化させている。

■機構や装備の共通化で地道な進化が可能に

 以上のようにCX-5は、さまざまな機能を地道に進化させている。乗り心地、悪路走破力、ディスプレイのサイズなど、ユーザーの不満に応えた改善も多い。マツダはメカニズムや装備の共通化を進めたから、ひとつの車種に改良を加えると他車にも応用できる。この特徴を生かして熟成度を高めた。

次ページは : ■精力的に手を加え、まだまだ進化する

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

最新号

あのトヨタスターレットが再び公道に舞い降りる!? 日産×ホンダ協業分析など新社会人も楽しめるゾ「ベストカー5月10日号」

あのトヨタスターレットが再び公道に舞い降りる!? 日産×ホンダ協業分析など新社会人も楽しめるゾ「ベストカー5月10日号」

トヨタの韋駄天が覚醒する! 6代目NEWスターレットのSCOOP情報をはじめ、BC的らしく高級車を大解剖。さらに日産・ホンダの協業分析、そして日向坂46の富田鈴花さんがベストカーに登場! 新社会人もベテランビジネスマンまで、誰もが楽しめるベストカー5月10日号、好評発売中!