中国でもモデル3がビュンビュン走っていたが……果たしてテスラの真実とは何か?

中国でもモデル3がビュンビュン走っていたが……果たしてテスラの真実とは何か?

 ベストカーWeb編集部員が中国出張で北京や南京、上海市内をクルマで走行していて目についたのがテスラモデル3の数の多さ。テスラは各国メディアとの対応も情報を開示しないやり方で軋轢を生んでいるそうだが、その真実はどこにあるのかを斬る!

文/鈴木直也、写真/テスラ、ベストカー編集部

■テスラの真実はいったいどこにある?

テスラモデル3。このセダンモデルEVが中国市場では闊歩していた
テスラモデル3。このセダンモデルEVが中国市場では闊歩していた

 いい意味でも悪い意味でも、常識で推し量れないのがテスラという会社だ。厳密にいうとテスラの創業者はイーロン・マスクではないが、彼が経営権を握って以降のストーリーは大河ドラマ並みに波乱万丈で面白い。

 何度も資金ショートで潰れると言われ、実際に株式市場では大量の空売りを浴びせられるが、あり得ないような奇跡を何度も演じてピンチを切り抜け今や世界ナンバーワンのEVメーカーの座に君臨している。

 2022年の業績を見ると、年間生産台数約137万台、売上高10兆5000億円、純利益1兆6000億円。創業わずか20年の電気自動車専業メーカーが、少なくとも売上高ではトヨタの3割近いところまで迫っているわけで、これはもう目がくらむほど凄い成功と言わざるを得ない。

 この大躍進の舵取りを担っているのが、ご存じイーロン・マスクという天才的経営者だ。

 自動車メーカーというのは巨大な設備産業だから、立ち上げには莫大な資金を要する。海のものとも山のものともわからない新興電気自動車メーカーだったテスラが、初期の資金調達に成功したのは100%イーロン・マスクの手腕によるものだ。

■マスク氏の優れた洞察力があればこそテスラはモデルSを出せた?

テスラモデルS。イーロン・マスク氏はこの高級サルーンシフトによって成功を収めることになる
テスラモデルS。イーロン・マスク氏はこの高級サルーンシフトによって成功を収めることになる

 マスク自身も個人資産から1億ドル近くを出資しているが、名だたるベンチャーキャピタルが出資者として名を連ね、粘り強いロビー活動によって政府からも多額の助成金を引き出す……。

 危機に陥っても何度となくそれを跳ね返せたのは、起業家としてのイーロン・マスクの個人的な信用力。「彼なら何かやってくれるはず」という期待感は、ほとんどスティーブ・ジョブズに匹敵するものがある。

もし、イーロン・マスクがいなかったら、テスラはおそらくスタートアップ段階で終わっていたに違いない。

 さらに、製品企画という点でもイーロン・マスクには最初から優れた洞察力があった。

 テスラ最初の製品はロータスエリーゼをベースとしたEVスポーツカーだったが、これはマスクが経営に参加する前から企画されていたもの。これを早々に棚上げして、狙いを高級サルーンにシフトして開発されたのがモデルSだ。

 今考えれば、この選択は大正解だった。この頃のEVはどうやったってコスト高となるわけで、お手頃価格で造ろうとすれば商品としての魅力に欠けるクルマになる。リーフをはじめとして、この罠に陥ったEVは少なくない。

次ページは : ■電池値供給能力の重要性を見抜いていたのは慧眼!

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

最新号

ベストカー最新号

GR86の4ドアモデル、出る!! 三菱トライトンを雪上初テスト! 注目情報を満タンでお届け「ベストカー3月10日号」

新型スズキスイフト、レクサスLBXなど注目の新型車が続々登場! 「ベストカー3月10日号」! 今年も名物企画「雪上テスト」開催! 三菱トライトンの実力をいち早く丸裸にしたぞ!