確かに貴重な5ナンバーセダンだけど……プレミオが新車並のお値段!? 中古価格が超高いワケ

確かに貴重な5ナンバーセダンだけど……プレミオが新車並のお値段!? 中古価格が超高いワケ

 ほぼ姿カタチが同じの兄弟車アリオンは想像通りのお値段だが、プレミオの中古価格がバカ高い!! 今や貴重な5ナンバーサイズセダンというのはわかるが、なんでプレミオだけ高値を維持しているのか!?

文:小鮒康一/写真:ベストカーWeb編集部

■日本では全くもって不人気車となってしまった小型セダン

今やカローラまでもが3ナンバーサイズに。5ナンバーを未だキープするセダンは風前の灯状態なのだ
今やカローラまでもが3ナンバーサイズに。5ナンバーを未だキープするセダンは風前の灯状態なのだ

 クルマのボディタイプの人気は時代の流れと共に変化しているが、ここのところ全く持って不人気道まっしぐらとなってしまっているのがセダンだろう。

 まだ大型の高級セダンであれば需要はあるものの、2L以下のセダンの人気はほぼゼロといってもいいくらいで、先日フルモデルチェンジを実施したインプレッサもついにセダンは姿を消しハッチバック一本となっている。

 そのため現行モデルとして購入できる2L以下の国産セダンはカローラとMAZDA3セダン(こちらは先日の一部改良で1.5Lモデルは消滅)程度である。

 5ナンバー枠に収まるのは現行モデルと併売されているカローラアクシオのみと、歴史ある車名の多くも潰えてしまっているのが現状だ。

 そんな絶版小型セダンの中古車の中で、異常とも思える高値をキープしているのがタイトルにもあるように、トヨタのプレミオなのである。

■懐かしのコロナの後継車だったアリオン!! 上級グレードは本革シート採用の豪華版も

後席にもしっかりとリクライニング機能が付くなど、快適性も申し分ないデキだった
後席にもしっかりとリクライニング機能が付くなど、快適性も申し分ないデキだった

 2021年3月で生産を終了したプレミオは2代目モデルであり、初代は2001年に登場。その前身は1957年に初代モデルが登場したコロナで、11代目コロナのサブネームとして使用されたプレミオがそのまま車名になったというワケだ。

 ちなみにプレミオにはアリオンという兄弟車が存在し、こちらは実質的なカリーナの後継車種。

 そしてプレミオよりもスポーティなキャラクターを持ち合わせていた。といってもエンジンや足回りに違いがあるワケではなく、あくまで見た目がスポーティな仕立てになっていたという程度である。

 2007年6月に登場した2代目プレミオは、5ナンバーサイズをキープし、エンジンは1.5L、1.8L、2Lという3種類を用意。

 法人ユース向けに装備を絞ったビジネス仕様を用意する一方で、上級グレードには本革シートを備えたモデルも用意するなど、バリエーションの豊富さが特徴となっていた。

 2016年6月にはビッグマイナーチェンジを実施し、エクステリアを大幅変更。異なるデザインを採用していたアリオンと基本形状を共有化しつつ、プレミオはメッキグリル、アリオンはメッシュグリルを採用することで引き続きキャラクターの差別化を図っていた。

次ページは : ■新車価格を余裕で超えちゃった!! しかも人気なのは高級グレードじゃないってマジ!?

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

最新号

新型MR2の確定情報、入電! ポルシェ911ダカール、クラウン”ランドスケープ”など激アツ車種勢ぞろい【ベストカー8月10日号】

新型MR2の確定情報、入電! ポルシェ911ダカール、クラウン”ランドスケープ”など激アツ車種勢ぞろい【ベストカー8月10日号】

SCOOP班も驚き! MR2とセリカに新情報が続々! SUV選びに悩む人もこの一冊を読めばすべて解決!? 酷暑を吹っ飛ばすほどのニューカー情報盛りだくさんです!