「アシ車」であっても見栄をはりたい!! そんなアナタのための万能車5選

「アシ車」であっても見栄をはりたい!! そんなアナタのための万能車5選

 ぶっちゃけ長距離は乗らないけれどクルマは大好き。だから、普段のチョイ乗りでも重宝するアシ車が欲しいんだけれど、そこに大金はつぎ込めない……。そんな葛藤を抱えている人はきっと多いハズ! 

 ということで、ここではアシ車として十分なスペックをもちならがも“カッコいい”“そこそこ安い”“見栄をはれる”という三拍子そろった贅沢仕様のアシ車を紹介したい。

文/FK、写真/スバル、トヨタ、フォルクスワーゲン、ホンダ、マツダ

カッコいい・そこそこ安い・見栄をはれるの3大要素が揃い踏み!

「アシ車」であっても見栄をはりたい!! そんなアナタのための万能車5選
インプレッサはアイサイトをはじめとする最新技術を凝縮した、スバルのスタンダードモデルだ

■スバル・インプレッサ(車両本体価格:229万9000円~)

 2023年1月の東京オートサロン2023で日本仕様のプロトタイプが公開されたインプレッサ。

 日本市場での名称をインプレッサSPORTからインプレッサに変更した第6世代は、歴代モデルのスポーティかつカジュアルなデザイン、優れた運動性能、安心の先進安全装備、とことん使えるユーティリティを兼備しつつもスバル最新の技術を搭載して安全性能や動的質感を大幅に進化させた一台に仕上がっている。

 引き締まった鋭いシェイプと力強さを感じさせる張り出したフェンダーによってスポーティさを表現して個性を高めたエクステリアや、ドライビングとアクティビティの時間を自然体で過ごせる使い勝手の良いカジュアルな仕立てのインテリアが特徴となる新型インプレッサ。

 スバル最新の共通のインターフェイスである11.6インチマルチインフォメーションディスプレイも採用されており、実用性と利便性も高められている。

 また、車体の揺れが頭部へ伝わることを防ぐ医学的知見を取り入れたシート構造や、ルーフパネルとブレースの間に採用した高減衰マスチック(弾性接着剤)により共振抑制と音の収束性向上による快適な乗り心地なども大きなトピックとなる。

 もちろん、デジタルマルチビューモニター、フルLEDハイ&ロービームランプ+LEDコーナリングランプ、新型ステレオカメラユニット、広角単眼カメラといったスバルならではの先進安全装備も充実。

 パワートレーンもモーターによるアシストが軽快な2.0リッターのe-BOXERを採用するとともに、エンジンやリニアトロニックにも振動や騒音を低減する改良が施されており、まさにカッコいい・そこそこ安い・見栄をはれるスペックを誇る。

次ページは : コンパクトカーとは思えぬプレミアム感がスゴい!

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

最新号

新型MR2の確定情報、入電! ポルシェ911ダカール、クラウン”ランドスケープ”など激アツ車種勢ぞろい【ベストカー8月10日号】

新型MR2の確定情報、入電! ポルシェ911ダカール、クラウン”ランドスケープ”など激アツ車種勢ぞろい【ベストカー8月10日号】

SCOOP班も驚き! MR2とセリカに新情報が続々! SUV選びに悩む人もこの一冊を読めばすべて解決!? 酷暑を吹っ飛ばすほどのニューカー情報盛りだくさんです!