ワゴンRがなかったらN-BOXは生まれず!? スズキが発明したクルマたちがスゴすぎ

ワゴンRがなかったらN-BOXは生まれず!? スズキが発明したクルマたちがスゴすぎ

 これまでスズキから数々の名車が誕生しているがどれも小さなクルマばかり。そこで各世紀ごとにスズキからナンバーワンをチョイス。21世紀ベストはもちろん本格クロカンが楽しめるジムニー。では20世紀ナンバーワンは?

※本稿は2023年4月のものです
文/片岡英明、写真/SUZUKI、ベストカー編集部
初出:『ベストカー』2023年5月26日号

■小さなクルマで高い人気を誇る2台

初代スズキ ワゴンR(1993年)
初代スズキ ワゴンR(1993年)

 軽自動車の常識を変えた革命児が初代ワゴンRだ。限られたサイズのなかで4人が快適に座れ、荷物も積みやすいように背を高くしている。

 その名のようにワゴン感覚で使えるからヒットし、ハイトワゴンブームを巻き起こした。助手席側だけの後席ドア仕様に加え、5ドアを投入するなど、ユーザーニーズに応えた姿勢も高評価だ。

現行型スズキ ジムニー(2018年)
現行型スズキ ジムニー(2018年)

 21世紀の傑作は、頑なに本格派のクロカン性能にこだわる現行ジムニーと兄貴分のジムニーシエラである。マニアも納得の出来栄えだ。

【画像ギャラリー】傑作軽自動車を生み出す小さな巨人!! 20世紀・21世紀のスズキを代表する初代ワゴンR&現行型ジムニー(18枚)画像ギャラリー

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

最新号

デリカD:5が遂にフルモデルチェンジ! 快進撃続ける三菱が送り出す、ニューモデルの姿に迫る!【ベストカー7月10日号】

デリカD:5が遂にフルモデルチェンジ! 快進撃続ける三菱が送り出す、ニューモデルの姿に迫る!【ベストカー7月10日号】

三菱デリカにニューモデル、現る!? 未来のための新エンジン。AT対MT対決など、今号もクルマ界の隅々まで網羅します