ビジネスホテルが1泊11万円!! ケーキセット4500円?? 100周年のル・マン取材が過酷な件

ビジネスホテルが1泊11万円!! ケーキセット4500円?? 100周年のル・マン取材が過酷な件

 100周年を迎えたル・マン24時間レース。日本からも多くのジャーナリストやフォトグラファーが取材にいっているが、あちこちから聞こえてくるのが物価高騰と100周年大会ならではの大混雑。いったいどうなってんのよ!!

文/写真:段純恵

■30万枚のチケットが即完売の100周年

パレードも例年以上に大人気!!
パレードも例年以上に大人気!!

 人生100年時代といわれて久しいが、実際に100歳で元気に活動している人や会社の数は決して多くない。100年前は1923年と計算してもピンと来ないが、関東大震災が起きた年と聞けば、現在とも(特に地震学で)つながっていることを少しは実感できる。

 その関東大震災が起きる3カ月前、パリから南西に200キロほど離れたサルト県のル・マン市で誕生したのが世界三大レースのひとつ、ル・マン24時間レースだ。

 19世紀後半、すでにフランスを代表する工業都市になっていたル・マン市出身の鐘作り職人、アメデ・ボレが1873年に2つのモーターを後部に搭載した12人乗りのステーションワゴンを走らせ最高時速40キロを記録してから26年後の1899年、その息子でスポーツ好きのアメデ・ボレ二世が自作のスポーツ用のクルマにミシュランタイヤを装着し時速100キロを記録した、といった話が2017年に訪れたル・マン自動車博物館の案内板に書かれていた。

トラムもル・マン仕様
トラムもル・マン仕様

 100年記念の今年も博物館をぜひ見学したいと考えているが、何度前を通っても浦安にある某ネズミランドばりの人の並びように恐れをなし、今のところ毎度まわれ右をしている。(ちなみにボレ二世考案のオイルの逆流を防ぐピストンリングは、その後ボレ社の主要事業となった)

 ともあれ、自動車レースの素地ができていたル・マンで1923年、西部自動車クラブ発案の24時間レースが誕生したわけだが、今年の100年記念の『お祝い』っぷりたるや、いろんな形でハンパない。

 まず半年前に発売開始されたチケット30万枚はアっという間にソールドアウト。昔は博物館などチケット販売場所は限られていたが、いまはネットさえつながれば世界中のどこからでも購入可能だからこその事態で、メディアセンターで隣席の地元記者によれば、転売サイトでは数倍の値段でチケットが取引されているらしい。

■ビジネスホテルが1泊11万円に超高騰

綺麗な建物も多くル・マンに華を添える(聖ジュリアン大聖堂)
綺麗な建物も多くル・マンに華を添える(聖ジュリアン大聖堂)

 ともあれチケットを手にしてル・マンにやってくる30万人のうち、キャンプサイトで過ごす人々が何割いるのか調査してないのでわからないが、3分の1がホテル宿泊派だとして、全員がル・マン市内や近隣地域の宿泊施設に泊まれるわけではない。50キロ、60キロ離れた街の宿を抑えられたらラッキーなほうで、100キロ超どころかパリから毎日TGVで通う人もいるくらいだ。

 当然のことながら、サーキットに近いル・マン市内のホテル料金はとんでもなく高い。F1開催地でもままある通常価格2~3倍の値段ならまぁしょうがないレベル(それでも自分を納得させるには時間がかかる)だが、今年ル・マンで聞いた話(どこに泊まってる?いくらだった?はル・マン期間中における関係者の世間話あるある)で最高値は1泊750ユーロの5泊しばりというものだった。

 日本でいえば星○リゾートではなくビジネスホテルの東横○ン的な宿である。東横○ンなら室内でひと息つくための湯沸かしポットも髪を乾かすヘアドライヤーも常備されているが、私が10年ほど前にその宿に泊まった時の記憶では、ベッドとシャワーとテレビと電話があっただけ。タオル類の交換も4日に一度、毎日交換は有料だった。

 筆者が2016年からル・マンの常宿にしている民泊のお宅から「諸物価が上がっているので値上げさせてもらっていいか?」とわざわざ了解を求められた私の1週間分の宿泊代より50ユーロも高い。

 そんなル・マン版ビジホの1泊料金にクラクラしていたら、横で話を聞いていた中嶋一貴TGR-E副会長が「うちも来年から民家一棟借りしようか」と笑われた。諸物価高騰はチームの懐にも響いているのだろうから、笑顔の裏の3分の1くらいは本気だったかもしれない。

次ページは : ■紅茶とレモンタルトが4500円

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

最新号

新型MR2の確定情報、入電! ポルシェ911ダカール、クラウン”ランドスケープ”など激アツ車種勢ぞろい【ベストカー8月10日号】

新型MR2の確定情報、入電! ポルシェ911ダカール、クラウン”ランドスケープ”など激アツ車種勢ぞろい【ベストカー8月10日号】

SCOOP班も驚き! MR2とセリカに新情報が続々! SUV選びに悩む人もこの一冊を読めばすべて解決!? 酷暑を吹っ飛ばすほどのニューカー情報盛りだくさんです!